2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

100820

6月から治療は1ヵ月半に一度になっています。受け口を治すのは慎重にゆっくりでないと、下前歯が中へ倒れてしまうからだそうです。この記事は8月20日のことです。

ある朝目覚めると、受け口が劇的に治っている」と言われていたのですが、そんなにすごい感じではなく、何となく治ってきました。「これで、とうとう普通の人になってしまったね」とも言われました。今までは普通の人ではなく、とても珍しい人だったようです。

受け口が治りましたので、ゴムかけは夜間だけでよいことになり、食事がしやすくなりました。上のワイヤーだけ交換しました。上下の前歯だけはできあがっているので、これ以上動かないように細いワイヤーをねじって歯と歯の間が止めてあります。

ところが、治療をして2週間くらいして下の歯のねじってあるワイヤーの端っこがほどけてきて、どうやってねじこんでみても、唇の内側にひっかかり、とてもじゃないけど食事ができません。とうとう自分で全部ほどいてしまいました。

3日ほどして、かかりつけ歯科の定期検診が予約してあったので、そちらで巻き直してもらいました。これは保険外診療なので、サービスという形でして頂けました。申し訳ないことをしてしまいました。実費で請求して頂けるものと思い込んでいました。

いよいよ矯正治療も終盤に差し掛かってきました。過ぎてしまえばあっという間です。
装置が外れるのが待ち遠しいような、寂しいような気持ちです。


きょうのなんくるカード
---------------------------
ひらめく きらめく

直感大切 大事だよ
魂からの 直通電話
直感 信じて GO GO GO!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking