2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のみつこさんはなかなか良い調子でした。
まずは、ご飯は通常の食事ではないけれど、高カロリーゼリーとも違うレトルト食品のような物を初めて試してもらったそうです。物はクリームシチューのようなもので、具がトロトロにしてあるものだそうです。これが結構いけたそうです。やはりフルーツ味のゼリーばかりで飽きがきたようです。物を替えればいけるということは、食欲が全くないわけではないようで、やっぱりホッとしました。

食事の場所は、いつものユニットだとざわざわして落ち着かないからと、病院の時のように居室のベッドを起こしてそこで介助してもらったら、食が進んだそうです。これも何とも言えないのですが、たまたまタイミングだったのかもしれないのですが、何れにしても1対1でついてもらって、申し訳ない気持ちです。

洋服は普通の洋服に着替えさせてもらい、日中はオムツも止めて、リハパンに替えてもらって、トイレ介助もしてもらっているようです。排便はその方が出やすいだろうという配慮からです。手をかけて頂いて、介護士の皆さんに感謝、感謝です。

みつこさんは眠ったり起きたり、目を開いた時には笑顔も見られます。今日は午後一番でマッサージの日で、先生と同時に私も滑り込みました。ベッドに横にさせてもらっていたみつこさんは、私の顔を見ると、とてもよい笑顔になって、ジーーーーッと私の顔を見つめ続けます。それを見たマッサージの先生はちょっとジェラシー感じてしまったようで、「まるで恋人を見つめているような目だね。あなたにだけだね。僕ひとりだとちょっと身構えるようだよ。僕のことは忘れちゃったんだろうね。お父さんのことも忘れているならしょうがないけどね。」と言葉が続きました。しょうがないですね、一番通いつめているのは私ですもの・・・。

さらに今日は内科主治医の2週間に一度の往診日です。内科の主治医は調子のよいみつこさんに「今日は僕は何にもすることがないね。この状態が続くといいね。」さらに「今のうちに、どこか旅行とか行きたかったら行けるように手配するから行ってもいいよ。」と続けてくださいました。う~ん、有難いお言葉ですが・・・旅行なんて、どう考えたって現実離れし過ぎていて、私は先生の感覚がわかりません(困惑)。「有難いですけれど、うちは家族と言っても父と私だけですから、こちらへ頻繁に会いにくることにします。」とお答えして納得して頂きました。

主治医の先生には私の決意(食べられなくなったら、何もしないで看取る)を話しました。今の調子からは、まだまだ時間がありそうなので・・・「今決めても、これから何度も気持ちが変化しても当然だと思います。またそういう時が近くなったら、話しあって決めていきましょう。」と、大人な答えを返して下さいました。それならそれで私もそれで良いと思っています。あまり切羽詰まった気持ちではなく、おおらかにみつこさんを見ていけそうです。


今日のなんくるカード
---------------------------
わらびがみ(童神)

真っすぐに 見つめる瞳は
素直がいっぱい 愛がいっぱい
わたしの心は わらびがみ


   *童神:幼子は神のような、まっさらな心を持っていること
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。