2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

みつこさんの一番下の弟にあたる叔父が叔母とふたりの息子(私の従弟たち)と一緒にお見舞いに来てくれました。叔父は脳梗塞の後遺症で体が半身不自由なので、叔母が介護者、従弟たちが運転手で同行してくれました。

よしおさんは今日に備えて昨日から施設入りをしています。叔父たちに少し家で休んでもらった後、お昼過ぎに施設へ向かいました。みつこさんは昼食を一口、二口つまんだだけで、車イスの上で居眠りし始めているところでした。それでも、「○○ちゃん(叔父の愛称)が来て下さったよ。」と声をかけると、薄目を開いてちらっとみたりしたので、車イスのまま喫茶コーナーでご対面することになりました。叔父とは2年ぶりになりました。

時々目を開いたり、みんなを不思議そうに見たりと、何となく雰囲気は感じているふうでした。よしおさんもショートから連れて来て、一同に会することができ、よかったと思います。みんながみつこさんに会った感想は「思ったほどやつれていない」ということで、それは良かったと思います。

肺炎で入院中の始めころはとても険しい顔をしていて、どう見ても「やつれた」感を否めなかったのですが、今は治る病気は治してもらい、体調としても落ち着いているのだと思います。いつまで続くかはわからないにしても、今のこの時を大切にして、この時にしかできないことをやっていこう、と新ためて思いました。

ほどなく、本格的に眠り始めたので、介護士さんにお願いしてベッドへ移動させてもらいました。狭い部屋に大のおとなが6人+みつこさんで、熱気ムンムンになりました。みつこさんは本当に穏やかな顔で静かにすーすーと眠ります。その顔を見て、叔母が「みつこさんは幸せだね」と言ってくれました。私は叔母のその言葉が何よりの労いと感じられました。

病院ではいらいらを募らせて、くまちゃんを放り投げたり、ベッド柵をがたがた言わせたりしていましたが、施設に戻ってからは、そういうことがありません。いつも穏やかに眠り、目を開くと笑顔を見せてくれたりします。これでよかったんだと新ためて思いを強くしました。


今日のなんくるカード
---------------------------
ティーダの心

まんまる 太陽 わたしの心
ティーダ 輝く いつまでも
明るく 強く まわりを照らす。


   *ティーダ:太陽
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking