2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

タイトルが何だか不謹慎なような気がしますが適切な言葉がみつからず申し訳ありません。

ホスピスの中を案内してもらいました。案内のボランティアの方がいらっしゃいます。
お部屋も有料個室が空いておりましたので、見せて頂きました。一般個室より少し広く、家具なども持ち込めるようになっています。備え付けの備品も多数あります。病院という雰囲気から離れたものになっており、家族や友人、見舞客にもゆったり過ごしてもらえるようなつくりになっています。
そういった病室、ナースステーション、小さなダイニングルーム、台所は2階にあり、1階は客室、お風呂(家族用)、洗濯乾燥室、外に洗濯干場もあり、美容室、画が飾ってあり、応接セットがある共有の場もあります。ここに飾ってある画のうち気に入ったものがあれば、病室へ飾って、取りかえたりしてよいそうです。

やはり、ここはみつこさんがいるところとは考え難いです。それでも時と状況によっては選択することになるかもしれません。選択肢として選べるということはとても幸せなことだと思います。

自分が癌になり快復の見込みがないとわかった時には、ここで過ごしたいと思います。
入院していらっしゃる人にはほとんどお会いしませんでした。2名ほどちらりとお見かけしただけです。でも外出も自由ですし、出かけていらっしゃる方もあるのかもしれません。病室が快適なので中で過ごしていらっしゃるのかもしれません。

今日は簡単ですが、ホスピスの中を見せて頂いた感想だけです。


今日のなんくるカード
---------------------------
石は意思を持った医師

石は医師 地球の細胞 友だちだ
石に聞いて 尋ねてみよう
クリスタルな 毎日の 始まり
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking