2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつこさんのお部屋に入っていくと、ふたつのメモが貼ってありました。
ひとつは看護師長さんからで、訪問看護ステーションとの面会の日時を決めたいので連絡を下さいというもの。もうひとつは訪問看護ステーションの所長さんからで、約束の時間に来れずごめんなさい、少し待っていて下さいと言うものでした。

???となりましたが、看護師長さんのお話では、訪看の所長は急用ででているけど、もうじきもどるので、今日、訪看ステーションとの契約をして下さいと言う事で、急遽施設へも同席してくれるように電話を入れてくれました。

ところが、訪看所長さんは戻られるのと同時に、また急患で呼ばれてしまったので、また退院後に施設でお会いしますと言い残して、飛んで行ってしまわれました。入れ違いに連絡を受けた施設看護師T2さんが息せき切って駆けつけてくれました。

施設看護師さんが中止の連絡が行く前に病院へ来てしまって下さったおかげで、どたばたしている退院に向けての準備がどのように進んでいるのかを再確認することができ、私の誤解していた部分も氷解して、みつこさんは温かく施設へ迎えられるということも確信できました。

治療できない病気を持っていて、かつ、食事が思うように進まない状況で退院して施設へ戻ることに対して、施設側としては、最低限、訪問看護(訪問診療を含む)の導入と施設での看とり対応を採り入れて退院して欲しいと望んでいました。

具体的にはどういう事かと言うと、訪看さんの導入により夜間施設看護師の不在時も看護体制にあるということと、看とり対応であると急変時に提携病院への受診や入院が適いやすいということらしいです。

今日の話しでも、まだわからない部分は多いのですが、施設側が不安に思っていた事の輪郭はおぼろげにわかってきました。「みつこさんのことをお荷物だと思われているのだろうか」なんて勘ぐって、申し訳なかったと反省しています。

話は退院後の具体的な話しに移り、体がどちら向きになっていても食事介助ができるようにベッドの位置を変えること、ベッドを居室の真ん中に置いても車イスが入れるように荷物を整理することなども検討してもらいました。「介護士さんたちもみんなみつこさんを心配して待っていますから」と付け加えて下さいました。

考えてみると、みつこさんは今回とってもラッキーな道を歩いています。
まず、時間外急患で運んで、そのまま入院できたこと、入院中に癌を見つけてもらったこと、命に限りがあることはわかったけれど、恐らく慣れた施設で最期まで穏やかに過ごせそうであること、訪問看護に来て下さる訪看ステーションは、在宅時にお世話になった訪看ステーションで、3年前に大暴れしていたみつこさんを覚えていて下さること。

ホスピスという道を選ぶことになったとしても、ホスピスも提携病院の関連施設で、すぐ隣に位置していて、まったく別の病院というわけではないこと、どれもこれもラッキーなことばかりです。

安心できる退院への道を開いて下さった施設と、それを受け入れて下さった主治医の先生に感謝しなくてはいけません。


今日のなんくるカード
---------------------------
ゆんたく

おしゃべりしましょ 語りましょ
ゆんたく ユイユイ ゆかいだな
心も軽く 大きな和(おきなわ)


   *ゆんたく:おしゃべり
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。