2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

今日も昨日に続き12時半まで食事をとっておいてもらって昼食介助にでかけました。ちょうど眠り込んだ時だったようです。最初の1時間はほとんど食べることができず水分ゼリー一口、プリン一口というものでした。ベッドを起こした状態で眠っているのも辛そうなので、一旦ベッドを戻しました。看護師さんによれば、とっておくのもせいぜい2時間ということなので、11時半に出された食事をぎりぎりあと30分だけ待ってもらうことにしました。

運よく諦めかけたぎりぎりのところで目を開いてくれました。「食べる?」って聞くと、「わからん」と答えていましたが、プリンを口に運ぶと、半分くらいまで食べることができました。とろみ付きのお茶もごっくんとできました。

昨日の回診の時に言語療法士さんも一緒に来て下さって、アイスマッサージも有効、嚥下は悪くないとおっしゃって下さいました。飲み込めるのだけど、食べる意欲がなくなってしまったのね。

退院後の食事については、管理栄養士さんと施設看護師さんで検討下さって、まずは食事はなしでオプションだけでいくことになりました。そうすれば時間に関係なく、食べれる時に食べることができます。ただし人手があるかどうかは別ですが、昼夜関係なく目が開いていたら一口という対応をして頂けるようです。私も訪ねて行っている間は食べ物片手という生活になりそうです。

と言っても、食べたくないのに、口に押し込むのはよそうと思います。今のみつこさんは動物的本能で自分の体調を知っていると思うのです。「食べたくない」と言うのは、その時にはいわば生を拒否しているのだと思います。上手に「食べたくない」ことはない時をみつけていこうと思っています。


今日のなんくるカード
---------------------------
ありがとう

ありがとう アリガトウ
有難う サンキュー
胸から あふれて ニフェーデービル。


   *ニフェーデービル:ありがとう
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking