2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

昨日のショートからの帰り、すっかりみつこさんが入院していることも忘れているよしおさんは、「おかあちゃんに会っていきたい。」と言い出しました。もちろん施設の部屋にいると思ってのことなのですが、今後いつ会えなくなるとも限らないですから、入院していること、病気が重いことを話して、病院へ会いに行くことにしました。

病室へ着くと、みつこさんはうっすら目を開いていました。よしおさんは何を思ったか大きな声で「おかあちゃんは死ぬのか?」と聞きます。同室のお婆様ふたりはどちらも90歳をはるかに超えたお方たちで、恐らく意味を解されなかったと思いたいです。運よくご家族がいらっしゃらなかったのが幸いです。「そんなことはないよ。」と答えたのですが、ヒヤヒヤします。

みつこさんに、「おとうさんだよ、わかる?」っと聞くと、
みつこさんは、小さく「わからん」と答えました。

でも、よしおさんがみつこさんの頬を撫ぜて、「おかあちゃん、可哀そうに。」っと上ずった声で言うと、
みつこさんは、あぁそうだーっと言う感じで、よしおさんのことを一瞬思い出したようでした。
ちょっとバツが悪そうに、ちろっと舌を出したのです。その笑顔に思わず笑ってしまいました。

よしおさんは、「おかあちゃん、きっと治るでな。」(治るからね)と言い残して病室を後にしました。

よしおさんの記憶の悪さは一層進んでいます。家に帰ってから、みつこさんのことは何も言いません。恐らくもう忘れているのではないでしょうか。

一瞬の記憶の中で生きているよしおさんですが、その一瞬の中にみつこさんへの愛を示してくれてちょっと感動しました。


今日のなんくるカード
---------------------------
あとは ギャグだけ

さあ さあ 準備はオッケーだ
あとは ギャグだけ 考えて
人生 バラ色 極楽道。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking