2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

【よしおさん】

よしおさんも細かい波があるようですが、今日は快調でした。
昨日、よしおさんのカレンダーを届けてきました。デイとかショートとか通院日とかを書き込んでいるよしおさんの予定表です。これに1日づつ○をつけていって、退院までの日を数えていてもらおうというものです。

早速、「今日はあんたが来た、○○さん(夫のこと)が来てくれたのはいつだった?」と聞いて、昨日のところへ名前を書き込んでいました。それから入院した時の様子を復習しました。「私はどこで倒れたのかね?」っと聞くので、「倒れてはいないけど、ご飯が食べられないようになったから、病院を受診したのよ、そしたら、そのまま入院しなさいと言われたのよ」と説明すると、「だから、ご飯が食べられないと、退院できないんだね。」っと納得です。

食事は本人曰く、「ご飯が食べれない」そうなのですが、「おかずは食べれるようになった」そうです。食事表を見てみますと、なるほど副食5割くらいになっています。おかずが食べれるようになれば改善していると言えるでしょう。よしおさんの言うご飯と言うのは白米ということらしくて、笑っちゃいました。

新聞が読みたくなったで、持ってきて」と要望がありました。とろ~んとしていた初日とは大違いです。よい調子なので、ショートのことも切りだしてみましたが、特別抵抗はありませんでした。

名古屋は6日連続の猛暑日になりました。退院が伸びたことはとても良かったと思います。


【みつこさん】

何か好きな食べ物は?っと聞かれて、「ビーフン」はただ今注文中なのですが、高カロリーの美味しそうなものということで、ハーゲンダッツのミニカップの詰め合わせを持参しました。ユニットの冷凍庫は皆さんの家族が持ち込んだ、ハーゲンダッツでいっぱいでした。どのご家族も同じような発想のようです。

早速ひとつ食べさせてみようと思いました。今日は昼食抜きで意識不明状態で2時間以上爆睡していたようで、私が行った時にはそろそろ起きるか、どうか、という状態で、揺すると目を閉じたまま笑ったりと反応は有る状態でしたので、いちご味にトライすることにしました。耳元で声をかけたり、ちょっと反応が合った時にすばやくスプーンを唇に持っていっても、イヤイヤと顔を横に振って拒否します。それでも、反応を見つつ、間違えて口を開けた時にひと口という感じで何とかスプーン3口くらい食べさせましたが、またもや深い眠りに落ちて行きました。そして、唇の端から、たら~りとアイスクリームが出てきます。やはり最後の方は飲み込んでいないのです。

食に関してはずいぶん努力してもらっています。しかし、傾眠が傾眠とは言えず、意識不明とも言える状態が1日のうちの大半を占めていますし、たとえわずかに覚醒している時にも、食べる事を拒否することが多いです。無理やりな感じで押し込んでも決して飲み込むことはありませんので、返って危険です。

今日は介護士のお兄ちゃんから、この猛暑の中で、ガタガタっと体調を崩す人が多い中で、みつこさんは緩やかに確実に下がってきているので、これはこれで頑張っている方で、仕方がないのか、返って幸せなのか・・・というニュアンスのことを言われました。それは私もそう思っています。

仮に朝から夜寝るまでの間でも私がついていれば、多少は食事量が増えるかもしれません。しかし、言い訳するつもりはないですが、たとえそうしたところで、最終段階が多少遅れるだけのことです。1日でも長く笑顔を見せて欲しいと思ってきたけれど、もう、笑顔はほんのちょっぴりになってしまいました。

今できることは、食事量が極端に少ないこと、水分が極端に少ないことが続く時は点滴に通院する。その回数が段々増えてくると、入院ということになる。入院治療しても、よしおさんのように一時的なものではないから、快復するということはない、どこかの時点でもうこれまでにしましょうと決心して、施設へ戻る。そういうことなんだろうと思う。

今私の中で、最後の切り札と思っていることはひとつだけある。それを次回の往診の時に提案してみようと思う。後はみつこさんの心の声を聞いてみようと思う。


今日のなんくるカード
---------------------------
シンプル

難しく 考えない
深刻に 考えない
シンプルに たんたんと。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking