2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

今日も寝たままのみつこさんでしたが、病院へ着いて、待ち時間が過ぎて、「○○みつこさん、どうぞ△番へおはいり下さい。」と呼ばれた瞬間に目を開きまして、何とラッキー、診察の時にちょっとだけ起きているところを診てもらえました。今日は内科受診に付き添いました。

特養提携の病院ですので、認知症外来以外の皮膚科、外科、内科はこちらでお世話になっており、カルテは共通ですので、どの科の先生にも全体をわかっていてもらうことができます。
ジョクソウも治りかけては再発しています。

腕の虫刺されの痕もなかなかひきません。今日は内科で見せてと言われ、私も見せてもらうことができました。左腕の指の付け根くらいから、肘下くらいまでの範囲に渡って、水ぶくれができ、当初は指先まで腫れあがっていました。今は腫れはなくなり、水ぶくれの痕が赤くじくじくした感じで残っています。外科で治療を受けていますが、ムカデではない毒虫に刺された(這われた)らしいということです。

何にどうされたのか、痒いのか痛いのか、本人は何も言わないので、あれこれ想像するしかありません。「きっと、虫が這っていても、感覚も鈍いし、自分で振り払うということもなくて、這われ放題になったんだね。」ということでした。

食事の経口摂取にムラがあり、カロリーが摂り切れていません。この状態で何かが起きると、一気にがたがたと崩れてしまうから、要注意。「少しでも食事が摂れないことが続いて脱水が感じられたら、早めに点滴に来た方がいいよ。」というお言葉を頂きました。

今年の1月にノロウィルスでダウンしてから、ガクッと1段下がり、その後はだらだらと下がり続けて半年経過しました。これからは長い目標はかかげず、目の前のひとつづつを乗り越えていければいいのではないかと思います。

差し当たりの目標は、この蒸し暑い名古屋の夏を脱水にならずに越しましょう~ということでどうでしょうか。それだってなかなか大変な目標です。


今日のなんくるカード
---------------------------
パワーアップ

落ち込んだって 平気だよ
そのあと 必ず ついてくる
パワーアップが ついてくる。
関連記事
スポンサーサイト

【はじめまして】
今年の4月から介護士として名古屋の老健で働いている者です。まだ20歳で人間として未熟ですが、頑張っています。
いつもCS目線でしか介護というものを見ていないので、こういうご家族の心情を素直に書かれている記事を読むと、とても励みになります。
利用者さんの安心安全安楽な生活というのは、やはりご家族の方にも協力して頂かなくてはいけないので‥預けっ放しではなく、介護に熱心なご家族の方がいて下さるという事は本当に心強いです。
これからも頑張って下さい!
【*もっちゃんへ】
こんばんは。はじめまして。

お若い老健の介護士さんのもっちゃん、
家族介護者のブログをご覧下さって、コメント下さり
本当にありがとうございます。

母は特養に入所してもうじき3年になります。
介護士さんたちにどれだけ助けられたことか、
感謝してもしきれない気持ちでいます。

今は看護師さん、介護士さん、家族の3者で
力を合わせて意見を交換しつつ介護に参加
しています。

特養と老健では異なることもありますが、
またご意見を聞かせて頂けるとありがたいです。

もっちゃんのご成長とご検討をお祈りしています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking