2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

昨日のショックは落ち着いてきました。

認知症+超高齢のお爺さん=良くある話です。

自分の親には起きて欲しくないと思うのは自由ですが、自分の親に限って絶対ないと思うのは大間違いです。私はショックではありましたが、否定する気持ちはありませんでした。よしおさんならあり得ると思ったのでした。ただ、そのことをとても恥ずかしく思う気持ちがありました。これは認知症であることを恥じらう気持ちと同じですが、認知症のひとつの症状を恥じ入っているようなものです。

病気の種類によっても、体の部位によっても、恥ずかしく感じるものや場所は有るわけで、それと同じです。でも恥じてる場合じゃないですね。それより対策を考えるべきでしょう。

ショートは月1ですけれど、デイは週3です。昨日のショートでも介護士さんから思いあまって打ち明けられたという雰囲気がありました。デイからはそういう話が聞こえてこないのですが、意外と担当者の胸の内で止まっていたりするかもしれません。

明日はデイですので、お手紙を書きました。もしもこちらでは何もないのならば、今後は気をつけていてもらおうと思います。

ケアマネさんとも相談し、ショートも、もう一度きちんとした状況をお尋ねして、今後の対策を一緒に考えていきたいと思っています。何と言っても、せっかく軌道に乗ってきたショートをつまずかせたくないと思います。介護士さんがいくらプロだと言っても、人間は感情がありますから、嫌だなと思う気持ちは消せません。お世話を疎まれるようになるのも辛いです。

よしおさんの脳の活性化と陽性症状、みつこさんの傾眠と介護抵抗、どちらもバランスを保てるようにしないと本人にとって、居心地よい状態が作れません。

よしおさんはサアミオンもしばらくストップしようと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
ヒーリング

ヒーリングは フィーリング
自分を癒し まわりを癒す
愛と光で ピーカピカッ!
関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【*内緒さんへ】
私の気持ちに共感して頂いてどうもありがとうございます。
私もこれで、本当の意味で認知症の親を持つ人の気持ちが理解できるのかもしれないと思います。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking