2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

みつこさんの認知症外来往診がありました。
今回は都合により1ヵ月半ぶりの往診になりました。
この間のフェルガード類はフェルガードA半包/日を導入していました。
詳しくは以下のようです。

2010年5月11日~6月21日

朝食後:フェルガードA、半包+NEWフェルガード、半包
         F・100mg  GA・50mg  A・50mg
昼食後:NEWフェルガード、半包+フェルガード100M、1包
         F・150mg  GA・70mg
夕食後:フェルガード100M、2包
         F・200mg  GA・40mg

総計 F・450mg  GA・160mg  A・50mg


6月14日の往診での検討:
・介護士さんたちの意見から、全体として介護抵抗が以前より強まっている。
フェルガードA、1包/日の時と半包/日に減らした時と特に変化がないという意味。GAの増量が影響しているかもしれない。
・夜間覚醒していることは減っているので、夕方以降のGAを減らしたことは良い。
・傾眠は変わらない。日中のほとんどを眠っているが、栄養は時間帯の工夫などで極端に減ってはいない。何とか維持している。体重は減少傾向。

今後の対策:
・興奮させないで、傾眠をとるのは、もう限界状態。打つ手はもうない状態で、これ以上アシュワガンダもGAも増やせない。別の言い方をすれば、ここまでよく頑張ってきたと言える。
・アシュワガンダの方がGAより興奮が少ないという意見があるので、再チャレンジの意味でフェルガードA、1包/日導入し、GAを100mg/日まで減らしてみる。
・夕方のGA少量は続行する。

6月22日~
朝食後:フェルガードA、1包      
                 F・100mg  A・100mg
                           
昼食後:NEWフェルガード、半包+フェルガード100M、1包
                 F・150mg  GA・70mg
夕食後:フェルガード100M、1包+ハーフ、1包
                 F・200mg  GA・30mg

総計 F・450mg  GA・100mg  A・100mg

「カテゴリー:フェルガードA」フェルガードA試用報告(5)も更新してあります。ご参照下さい。
今現在フェルガードを使ってできることは全てやり尽くしている状態です。後はフェルラ酸の量を見直すとか、興奮が落ち着く状態の中で、中核症状の最高値を探っていきたいと思っています。私自身はフェルラ酸を増やすことで介護抵抗が落ち着かないだろうかと期待している。



今日のなんくるカード
---------------------------
サイレント

たまには 静かな ひとときを
自分でつくって あじわって
内なる光に 入っていこう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking