2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

今日のマッサージに付き添いで訪ねていくと、みつこさんはちょうどエンシュアリキッドを飲ませてもらっているところでした。昨晩は全く眠れず、今日午前中はお風呂に入れてもらい、その後眠くなり、昼食は全く食べれず、午後2時過ぎて目が覚めて来たので、エンシュアを飲ませてもらっているところだという説明でした。

久しぶりに目を開いて、おしゃべりしているみつこさんと会いました。介護士さんにエンシュアを飲ませてもらっているところへ、斜め後ろから話しかけると、みつこさんは介護士さんに、「誰ね?」と聞きました。介護士さんは「娘さん」とか、「ご家族」とか答えて下さいましたが、通じろというのが無理ですね。

最近のみつこさんを見ていて感じるのは、視野が超狭いというか、目線の方向を変えれないというか、前を向いたら前しか目に入らないような印象を受けます。話しかけられた方を向くということができないみたいです。みつこさんが目を開いている時に話をしようと思ったら、みつこさんの正面にいく必要がありそうです。

さて、お風呂の話になり、今日はお風呂に入れてもらったということですが、湯船には入れるのでしょうかとお尋ねすると、今日は入れたようですとお返事を下さった後、介助して下さったお兄ちゃん介護士さんに、「今日はみつこさんのお風呂、どうだった?」と確認して下さると、お兄ちゃんは、「今日は入れました。いつもはなかなか入れないけど。」とおっしゃるので、「眠ってしまうからでしょうか?」と尋ねると、意外な答えが返りました。

お兄ちゃん介護士さんのお返事は、「いえいえ、あっちの方が大変で・・・。」っと、両手をボクシングスタイルの介護抵抗のジェスチャーです。そうか、傾眠を減らそうとすると、もれなく介護抵抗がついてきているのだ・・・皆さん遠慮してか、私にはあまり伝えて下さらなかったようです。

傾眠を減らし、食事が少しでも摂れるようにすることと、介護抵抗の許容範囲をよく聞きとって、上手にバランスのとれる量を探る必要があると痛切に思いました。正直な感想を述べてくれるお兄ちゃん介護士さんは貴重な存在だと思いました。

1週間のアシュワガンダ ウォッシュアウトが終わり、今朝からフェルガードA半包とNEWフェルガード半包の組み合わせの強強コンビが始まったところです。効果は如何に?と思いましたが、お風呂に入った後、疲れて眠ったとしても、目覚めは良いようで、エンシュアを飲んだ後、マッサージの間も最近に無い覚醒ぶりを見せてくれました。久しぶりに夫も同行したのですが、夫の顔をじーーーっと見て何か言いたいけれど言葉がでないもどかしさをそぶりで表現した後、やっと絞りだしたように、「あんた誰?」と言いました。マッサージの間はよくしゃべり笑顔も見せてくれて、久しぶりに爆笑のうずになりました。
マッサージ

残念なことに、マッサージ後の施設内散歩の後半から睡魔が襲ってきたようで、おやつは食べられずに終わってしまいました。それでも1時間くらいは覚醒していました。こういう時がもてるのならば、もうちょっとはいけますね。


今日のなんくるカード
---------------------------
あとは ギャグだけ

さあ さあ 準備は オッケーだ
あとは ギャグだけ考えて
人生 バラ色 極楽道。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking