2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

今日からよしおさんはショートに3泊4日の滞在です。
このところいつも何の抵抗もなく、すんなり出かけてくれるのに当たり前になっていて、よしおさんの心の中に、ちらりとでも「家に居たいのにな」という気持ちがあるとは思ってもみませんでした。

今日は家を出る時から、
よ「2泊3日かね?
パ「違います。3泊4日です。」というのを何回となく繰り返していたのですが、それでも別に何とも思っていませんでした。以前は2泊3日だったので、その時の記憶へと結びついてしまうのだろうとだけ思っていました。

施設へ着いて、まずはみつこさんに会いに行きましたが、やっぱり車イス上で眠っていました。でも完全熟睡ではなく、耳は聞こえている状態でした。

みつこさん、おとうさんよ。」と声掛けして、よしおさんの方へみつこさんの手を差し出したりしたのですが、とうとうよしおさんに、「寝てるなら、まあええわ。」と言わせてしまいました。

それ以上、無理強いはせず、ショートのよしおさんの部屋に戻りました。

戻ったところで、
2泊3日かね?」というのが、また始まりました。
そして、「いつ迎えに来てちょうす?」(いつ迎えにきてくれるのか?)
長いなぁ
はよ、帰りたい。」(早く帰りたい)と続いてしまいました。

ちょっと意外な言葉にびっくりしてしまいました。

パ「ここに居れば、暑くも寒くもないし、ご飯も3度3度出るし、いいのになと思うけど、どうして帰りたいの?」と聞くと、

よ「うちの方が安気だもん。好きな時にテレビが見れるし・・・」というので、早速室内テレビの使い方のデモンストレーションをしましたが、テレビが理由ではないことは明らかですから、全然身が入りません。やっぱりショートでは気を使っているというのかしら。

そんなことをしているうちに、ケアマネさんが様子を見にやってきて下さいました。

早く帰りたい」と言って困っている話をすると、ケアマネさんも一緒に説得作戦に加わって下さいました。
ケ「ここに居れば快適ですし、何でもやってもらって楽して下さい。それにみつこさんともゆっくり会って下さいね。」と話して下さり、一応よしおさんも納得しました。

う~む、これって、陽性症状の極初期でしょうか。GAを40mgにアップしているのがじわじわ効いてきているのだろうか? それともみつこさんが眠っていることが多くなり、会う感激が薄れ、ショートに行く楽しみが少なくなったのだろうか。

因みに、午後からみつこさんのマッサージに付き添うために出かけて、マッサージが終わってから、目が覚めていたので、よしおさんに会いにショートへ連れて行った時には、ちょうどお風呂へ行くところだったよしおさんとちょっとだけ会えました。その時は、みつこさんが目を開いていたので、よしおさんの喜びようは半端ではありませんでした。

おかあちゃん、目が開いとるがね。元気そうで、良かったぁ~。」と、大感激の面持ちでした。

夫の解釈に寄れば、よしおさんは自宅の居心地が良過ぎるのではないかということでした。

真相は・・・どうなのでしょう。 これ以上「早く帰りたい」が進行して、「行きたくない」にならないようには手を打たないといけないと思っています。


今日のなんくるカード
---------------------------
ゆんたく

おしゃべりしましょ 語りましょ
ゆんたく ユイユイ ゆかいだな
心も軽く 大きな和。


   *ゆんたく:おしゃべり
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
「うちのほうがあんき」っていうのは、確かにそうですよね~
よしおさん、おうちでは好きなときに寝たり本読んだりしてらっしゃるんですもんね。
そういう意味では、ご主人のおっしゃることも一理あり、の気がします。
デイでは優等生でいらっしゃるみたいだから、「はよ帰りたい」なんて、パンドラさんさぞ戸惑ったことでしょうね(^^)

もんちゃんは、一日デイケア体験に行ってきたら、ちょっとリズムがずれちゃったみたいで…
体調うんぬんではなく、ちょっぴり頭が混乱してしまったようです。
説明はきっちりしたつもりなのに、難しいですね~~
【*どぅさんへ】
どぅさん、こんばんは。

もう、すっかりショートにもなじんでいると理解していましたので、ちょっとびっくり、慌てました。
こういう時にすぐに、飲んでいるサプリの量のせいだろうかと思うのはどうなんでしょうか。
でも、それが習い性になってしまった感があります。困ったものです。

もんちゃんは、新しいものに馴染むのが大変なご様子ですね。認知症でなくても年を重ねているだけでも、そういうことはあると思うから、認知症ならばなおさらでしょうね。
体験してもすぐに通所できればいいけれど、時間が開いてしまうとまたやり直しになってしまいかねませんよね。
どぅさんのご苦労がしのばれます。

お互いに頑張りましょうね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking