2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

今日は木曜日、マッサージの付き添いで出かけました。お昼御飯はやはり食べれなかったようですが、それでもエンシュアは飲めて、昼食後薬も飲めて、何とか目を開いている時間がありました。マッサージ中も目を開いて、しゃべる時もほんのちょっとですがありました。やっぱりそういう時があると、私としては和みます。

マッサージが終わった後、お部屋で少し休んだ後に、目を開いた時を見計らって、カウンター席へ移動し、おやつを出してもらいました。今日はシュークリーム1個と紅茶でした。今日は割合スムースに平らげてくれました。やっぱり嬉しいです。

じわじわと衰えていくのは、止む得ないとはわかっているけど、時々でも、「にかっ」と笑ってくれたり、食べてくれたりすると、嬉しい。いつまでもと引きとめては悪いと思うけど、「もうしばらくは、こんな時間を下さいね」と心でみつこさんにお願いしておきました。

みつこさんの洋服をどうしたものかなぁと思っていたので、現場の介護士さんに相談してみました。すると、パジャマのパンツはオムツ交換可能な、どこからでも開けられるものは、みつこさんは腸骨のところにジョクソウが出来たり、消えたり、出来たり、消えたりして、いつも赤みのある状態なので、面ファスナーなど少しでも当たるものがない方がいいということでした。

成程、やはり現場の人の言葉が一番確かです。そしてボトムスのサイズはLLでお願いしたいということでした。足は細くても、お腹まわりはダブダブしているし、オムツもあるし、昼間は車イスなので、腹部が圧迫されるものは避けたいということでした。

そして、トップスは、首周りのゆったりしたものか、前開きのもの、サイズはやはりLLがよいとのことでした。脱ぎ着が難しくなっているからです。それに乾燥機の使用があるので、サイズ収縮もありますから。それと、通気性のよい綿素材がよいとのことでした。

この段階に入ったからには、本人の楽なもの、介護して下さる人がやり易いもの、を基準に選ばなくてはいけないと新ためて思います。特に今着ているものはサイズ的に本人が苦しいかもしれません。
春夏ものから順次変えていこうと思っています。洋服選びは楽しい仕事です。


今日のなんくるカード
---------------------------
マブイ

すべての中に マブイ
ハートの奥に マブイ
マブイ感じて いのちはひとつ。


   *マブイ:魂
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking