2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

今日は午後からマッサージの日で、満開の桜の下を訪ねて行きました。
行ける人はひとりづつ車イスを押してもらって、桜見に出かけていました。

みつこさんは、カウンターにつっぷして眠っていました。
いつものような眠気だと高をくくっていましたら、どうもいつもとは様子が違いました。マッサージの間も車イスから落ちそうなくらい眠っていましたし、マッサージが終わっても一向に目覚める気配もありません。本当に支えていないとそのまま車イスから飛び出しそうな様子だったので、身体の横にクッションを挟み、前に枕を抱かせて、ベッドに寝かせてもらうか、カウンターに顔か手をつく形にしてもらおうと介護士さんに相談しました。

すると、ベッドに寝かせると、それはそれで大変だという話になりました。
手足の拘縮が強く、ベッドに横になると同時に胎児のように丸くなってしまい、手足を延ばすことが痛みから不可能になってしまう。現在は夜のベッド上でのオムツ替えも足が動かせないため、できない状態だということです。なので、カウンターで前に手をついて眠っている方がいいのではないかということだったので、そのようにしました。

手足の拘縮については、どういう理由でそうなって、どうしたら少しは楽になるのだろうか。マッサージの先生はマッサージで筋の緊張を和らげるしかないとおっしゃるのだけど、その時にしなくてはならないのだったら、なかなか難しいです。朝の起床時には介護士さんが足をさすり、少しづつ伸ばして起こしてくれているそうです。ベッド上でオムツ交換の体制はとれなくとも、トイレでの立ち上がりは可能なのだそうですから、トイレ誘導の方が本人には楽なのかもしれません。夜勤者がひとりなので、対応不可ということで、オムツ対応になっています。話がズレてしまいました。

泥酔状態に関しては、昨日、車イスからずり落ちているだけに、もしかして頭を打っていないかということはとても心配なのですが、そんなことを想像してはいけないと強く自分に言い聞かせています。

結局今日は私のいる間には一度も目を開いてくれなかったのですが、お昼は何とかエンシュアを飲んだようなので、たまたまタイミングがぶち当たったと思う事にしました。


今日のなんくるカード
---------------------------
わったー

わったー 自慢の ハートです
いつも きらきら 溢れてる
あなたを 優しく 包む愛。


   *わったー:わたしたち
関連記事
スポンサーサイト

【車いす用テーブル】
できるだけ座位をとらせていた方がいいのではないでしょうか。
といって車椅子から落ちては何のためということになるので、車椅子のひじ掛けにテーブルをつけることとシートクションで何とかなるような気がするのですが。
母は体幹傾斜と口のモグモグ運動があり、酷くなると顔を天井に向けてしまいます。スタッフは食事介助が困難になってきたと判断しているため、今週から車椅子にヘッドレストとシートクッションがつけられました。そのオプションカタログのコピーにはテーブルもあるのですが、私も現物を見ておらずひじ掛けへの固定方法がわかりません。
施設で相談されてはいかがでしょう。
【*mizuhoさんへ】
mizuhoさん、コメントありがとうございます!

車いすにつけるテーブルについては、先日腹臥位療法を教えて頂いた時に知り、施設職員にも見てもらっています。今のところ、カウンターやテーブルにつっぷす形で眠るという形に意識してしてもらっているようです。
車いす用テーブルのことも、機会をみて相談してみようと思います。

やはり、ベッドから離れて座位をとっていることは、最後の砦というか、大切なことだと思っています。

いつも教えて下さってありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking