2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

月1のみつこさんの内科受診につきそいました。
今日は病院が空いていたので、看護師さんと話をする時間がたくさんありました。

と、施設の見知った顔の方々が病院の階段を下りていらっしゃいました。看護師さんふたり、ユニットのチーフ、管理栄養士さんの4人です。外来つきそいの看護師さんと合流してしばらく皆さんで話込んでいらっしゃいました。どうやら、みつこさんの隣のお部屋の住人さんが入院されたようです。嚥下が悪く、食べるといつもむせて苦しそうにしていらっしゃいました。恐らく肺炎になってしまわれたのでしょう。

先回の受診の時にお聞きした、みつこさんと往診を一緒に受けていらっしゃった住人さんは、まだ入院していらっしゃるのかと思ったら、様態がはかばかしくなくて、病院で出来る事は無くなり、施設での看とりを希望して退院され、5日後にお亡くなりになったそうです。亡くなる前には、ご家族が住人さんのお好きだった食べ物をお持ちになり、管理栄養士さんが調理して食べれる形態にして、食べて頂いたそうです。

ほーっとため息の出るお話ばかりでした。あっけなくお亡くなりになってしまわれる方が多い中で、もうダメかもしれないというところをくぐり抜けてきたみつこさんは、あれから2年半頑張ってきました。まだもうちょっと頑張るのか、それとも明日のことはわからないのか、それはみつこさんだけが知っているのでしょう。

やっぱり、人は自分の逝く時は自分で決めているのだと思います。どんなに危なっかしくても、その時でない時には逝かないし、まさかっと思っても、逝くと決めている時には逝く。きっとそうなんじゃないだろうか。

今日のみつこさんは、最初から最後まで顔を上げてくれませんでした。朝は時間的に朝食欠食で、高カロリーゼリーとかもろもろを食べ、お昼は食べられないことが多く、夜もぼちぼち、それプラスエンシュアリキッドというところで、体重もじんわり落ち始めました。きっと段階を踏んで、少しづつ衰えていくのでしょう。

あっけなく逝ってしまうと、私が寂しがるのをわかってくれているのでしょう。


今日のなんくるカード
---------------------------
ブラボー

ブラボー! 私の人生に
ブラボー! 私の魂に
ブラボー! 今日の一日に。
関連記事
スポンサーサイト

【NO TITLE】
パンドラさん、すっかりご無沙汰しています。
何時も読み逃げしちゃってます。
すみません。

>やっぱり、人は自分の逝く時は自分で決めているのだと思います。
>どんなに危なっかしくても、その時でない時には逝かないし、
>まさかっと思っても、逝くと決めている時には逝く。
>きっとそうなんじゃないだろうか。

この言葉に、父の状態を重ねてしまいました。
少しでも長く一緒にいたいとは思うものの、苦しいのなら楽になって欲しいとも思ってしまいます。
私の揺れる心を察して逝けないのかと思っちゃったり…

その時は、
父しかわからないんですね。
きっと…
【*こぶたさんへ】
こぶたさん、こんばんは。
コメント残して下さってどうもありがとうございます。とても嬉しいです。

私も毎日のようにお邪魔しているのですが、いつも読み逃げで申し訳ありません。密かに皆さんのお心が安らかでありますようにと願っていました。
こぶたさんの大変さ、お父様への愛情の深さ、そしてお父様の頑張りといい、どれひとつとっても、気楽に「頑張ってるわね」とか言えるものではなく、大変失礼してしまっています。

私の母は認知症としての末期とは思うのですが、身体の状態としては、まだちょっと猶予があるのではないかと思っているのですが、回りにあっけなくお亡くなりになる方があったりすると、もしや、本人には自分の逝くべき時がわかっているのではないだろうかという気持ちになります。だから、何も望まず、あるがままを受け入れて、みつこさんがこの世にいると決めた期間の中の今の瞬間を楽しく過ごそうと思っています。

でも、一方では、念は通じるとも思うので、「みつこさんもう少し笑顔を見せていてね」と念じると、その心は伝わるとも思っています。ちょっと矛盾してますね。

こぶたさん、どうぞご自身のお体とお心を労わってくださいね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking