2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

よしおさんをお迎えに行き、家に帰ってからわかったことですが、やはりよしおさんは今回が特別なショートであると言う事がわかっていませんでした。

カレンダーをしげしげと眺めてから、
よ「何日老人ホームへ行っとったね?」と聞いてきました。
パ「今回は1泊だけよ。」と答えると、腑に落ちないふうで、
よ「1泊だけかね?」と更に聞きました。恐らく1週間前の3泊4日のショートステイと混同してしまっているのでしょう。

ショートに出かける時には、1週間前のことは忘れて、今回も定期で行っているショートステイとまちがったのでしょう。まちがっているのをいいことに、知らんぷりして素知らぬ顔で連れて行ったというわけです。

そう言えば、今日お迎えに行った時、「部屋に請求書が置いてあるからお金払わないかんでしょう?」と聞きました。「請求書?」ってびっくりしたのですが、毎回の連絡のお手紙が置いてあったのです。

家に帰ってからも、「ショートはいくらかかって、どうやって払っているのか。」と聞き直されました。
適当な費用を言うと「安いな。」と言うので、介護保険で補てんされていることを説明しました。すると、「そういういい制度があるのかね。」と、納得してくれたようでした。(その場限りではありますが)

みつこさんもデイから帰ってくると、職員さんに「おいくらですか?」と聞き、私に向って「ちゃんと払っておいてね。」とよく言っていたものです。以前のみつこさんも、今のよしおさんも、理解できない頭で、何としても理解しようとする意気込みはすごいものがあります。説明する方はエンドレスな質問ですから、とても疲れますが、当人たちは必死なのだろうと思います。

認知症になってだんだんと子供に帰って行くことが、単純に子供に(真っ白な子供のような純粋な存在に)帰ることならばよいのですが、そうではないところにお互いの苦悩があります。

いずれにしても、これからは、出来る限り自分の予定を早めにたてて、予定のあるところへ月1定期のショートを持っていく工夫をすべきだと感じました。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャレンジ

チャレンジしよう 気になることを
わくわく冒険 今のうち
これで あなたも チャレンジャー。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking