2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

実は今日からよしおさんの家の屋根かわらのしっくいの塗り直し工事をしています。ショートに行っている間中には終わらないので、帰ってくる時点では本人に話さなくてはなりませんが、今は言ってありません。

どうしたものかと思いましたが、相談すれば工事は拒否したことでしょう。何もしたくないし、自分で適切な判断することも難しいからです。そうなれば、私が判断をして、良かれと思う方向で決定し、よしおさんを説得するというのがあるべき姿だと考えました。

1年前の私は、まだ、よしおさんが怖くて、自分のことですら自分で決定することを恐れていました。歯の矯正治療を始めて1年になりますが、これを決心することは私にとってはとても大変なことでした。何故なら、相談すればよしおさんが反対するだろうから。90歳の父親が60歳の娘の歯科矯正に反対するからと言って決心できないとしたら、60歳の娘の方が超異常だと、やっと気づき道を開きました。

やってみれば、よしおさんは私が歯科矯正をしていることすら気づいていません。これはもしかすると入院手術ということが考えられたので、余計躊躇したという理由もあるのですが、それにしても私の態度こそ変だったと今は思えます。

さて、屋根の修理は、今日明日で、何と説明するかを熟考しようと思っています。もしも突かれるとすれば、何故、よしおさんが留守の時に工事を始めたかという点だと思うので、そのあたりの説明を考える必要があります。

・頭の上の工事なので、家に居る時だとうるさい。
・雨漏りを防ぎ家を守るためにはどうしても必要な工事である。
・工事が立て込んでいて、いつ始まるかはわからなかった。

とでも説明しようかな。


今日のなんくるカード
---------------------------
クリエーション

クリエーションは 楽しいよ
あなたも私も アーティスト
創造力は 宇宙の力
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
お久しぶりです。
今回とても勇気をもらったのでコメント書かせて頂きました。

同じと言っては失礼と思いますが
私も母が怖くて、顔色をみて、なにも決められませんでした。
世間ではいい大人なのに、私はいつまで子供のままなんだろう。
この怖さって異常と思いつつ・・・足踏みしてました。


私も踏み出します!
ありがとうございます☆
【*シロンさんへ】
シロンさん、おはようございます!

お仲間がいらして、嬉しいです。
介護者は皆さんそれぞれのお悩みをお持ちだと思うのですが、私のようなのは、ちょっと介護者の異常心理かと思っていましたので、私の方こそお仲間がいらして嬉しいです。

時は刻々と流れているわけだから、たとえ大人になってからも親を恐怖に思っていたとしても、それも永遠には続かない、いつか明けるときがくると信じられるようになりました。

お互いに勇気の交換をして、がんばりましょう!
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking