2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

今日は私の息抜きデーということで、友人とコンサート鑑賞に行ってきました。

ちょっと変わったコンサートで、どういうもんだろうか?と楽しみだったのですが、

◆歌楽「べろ出しチョンマ」
   ~二十絃筝と語り謡いによる~


べろ出しチョンマというのは、千葉県に言い伝えのお話です。
時は江戸時代、身分制度の厳しかった頃、野良仕事をする両親と長松12歳とウメ3歳の兄妹のお話です。両親が野良仕事をしている間、ウメの面倒を見るのが兄長松の仕事です。しもやけが崩れて手当てをする時に痛がるウメのために、長松は眉を吊り上げ、べろを出す可笑しな顔をして、妹の痛みを和らげます。

ある朝、父は凶作で村人が苦しんでいるのを見かねて、年貢を減らしてもらうため直訴に出かけます。そしてそのまま帰らず、家族4人民衆の前で、全員はりつけとなり、やりで刺殺されることになります。怖がって泣き叫ぶウメの為に、長松は最期の時にも眉を吊り上げ、べろを出し、その姿勢で刺殺されます。

今でも、千葉では、チョンマ人形が売られているそうです。
どんな状況の中にあっても、誰かへの優しさを、思いやりを、忘れなかった長松のことが語り継がれているのです。

このストーリーの語り謡いも素敵でしたし、始めて聴く二十絃筝の音も素敵でした。
昔ながらの、お琴は十三絃です。こちらは日本音階ですが、二十絃になると西洋音階が出せます。もっと洋楽に近づくと言えばいいのかな。バスバリトンと良く合って、とっても迫力もありました。

バスバリトンは境 信博さん、二十絃筝演奏は山田 明美さんでした。


今日のなんくるカード
---------------------------
マブイ

すべての中に マブイ
ハートの奥に マブイ
マブイ感じて いのちはひとつ。


   *マブイ:魂
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
こんにちは♪
「べろ出しチョンマ」、題名は知っていましたが、そのようなお話だったのですか…知らなかったです。
一度読んでみたいと思います。
子供たちも大きくなってきて、読み聞かせの絵本も選ぶのに悩むようになりました。
そろそろ重い内容の本でもいいかなあと思います。

泣けるお話は、よほど下読みしておかないと、本番でウルウルしてしまっていけませんけどね(笑)

コンサート楽しんでいらっしゃったのですね♪
いいなあ(^^)
【*どぅさんへ】
昨日は息抜きさせてもらいました~♪

一緒に出かけた友人も小学校で「読み聞かせ」をしていますので、そういう目で見ていたようです。
謡は聞いていて、自分の鼓動が速くなるのがわかりました。
弦の音もすすり泣きとか、風の音とかも表現していて、迫力がありました。
もしも私が読んだら、胸が熱くなって声が上ずると思います。
読み聞かせはそれではいけないもんね。

どぅさんも、そういうご自分の時間も、ぜひ大切になさってくださいね。
コメントどうもありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking