2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

よしおさんの義足を今よりも使い勝手の良い物に作り直せば、多少なりと自力歩行の期間は伸びると考えられます。しかし認知症ですし、長い間同じタイプの義足を身体の一部として使ってきた身ですから、操作方法が今と違ってしまっては、恐らく使い辛くて、使わないのではないか、とか、費用面でも自費ならば何十万とするものなので、無駄になっては辛いなとか、いろいろ頭を悩まし、どうするのがいいのかと迷っていました。

考えていたって、どうしようもない。「できることから、ひとつづつやっていくべし」と思いなおし、まずは現在の義足を作った義肢製作会社(A)のホームページにアクセスし、メール相談をしてみました。

-------------------------------
質問(1)
現状よりも腰に負担の少ない義足はできますか?

回答(1)
製造記録を見た上で、15年以内には作り直しはしていないことを確認した上で、現在使用しているものは従来からある殻構造義足と言われるものである。アルミの芯の上に皮(又はプラスチック)で、外装がしてあり、バンドで両肩から吊る形式。

この型だと、中に使ってある樹脂を減らすことで、多少は軽くなるけれど、非常にという具合にはいかない。

最新式の骨型の上にスポンジで足の肉を形成したものであると、およそ半分くらいの重さになるが、費用は倍くらいになる。しかも、身障手帳による補助を受けるためには、名古屋市中区にある更生施設で、医師の診断を受けるために本人が出向くことが必要である。

---------------------------------
質問(2)
作り直しをする場合本人が本社まで通うのは大変なので、近隣の病院で、義肢製作を進めることはできますか?

回答(2)
製作の状況により、どこで型どり、合わせなどをするかは異なるので、直接会って(もしくは最初は電話ででも)話を進めたい。
----------------------------------
と、大体以上のようなことを、もうちょっと詳しく丁寧に回答して頂きました。

メール相談ですので、全体像はまだはっきりしませんでしたが、何となくぼんやりとわかってきました。

この時点では、殻構造義足は作り直してもあまり意味がない、骨構造義足で更生施設に1回出向くことで、後は近くの病院で、できるのならばそうするのがよいだろうか?と曖昧に思っていました。

カルテがあるのならば、前に製作した同じ会社がいいのではないかと思っていたのですが、実際には作った時の記録は余りに古くて残っていないようなので、それならば、どこで製作しても同じではないかと思ったりもしていました。


次回は義肢製作会社(B)との面談へと続きます


今日のなんくるカード
---------------------------
わったー

わったー 自慢の ハートです
いつも キラキラ 溢れてる
あなたを 優しく 包む愛。


   *わったー:わたしたち
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking