2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

【再び知覚過敏もどき】(2010年2月15日)のこと
100215

先回、知覚過敏について相談し、シュミテクト(知覚過敏用歯磨き)を使用していましたが、どうも思わしくありません。そんなにひどいわけではありませんが、少し、普通の知覚過敏とは違うような気がしました。

何故かと言うと、びりびりと来るのが、本来の知覚過敏だと、冷たいものを飲食した時、お水飲んだ時などなんだそうです。ところが、そういうことはなく、何故かお風呂に入ると感じることが多いのです。それに、痛むのは、下の歯の裏側の先端部分なのです。

そこで、先生いわく、
歯が常に動いています。今現在は、開口が治って、上下の歯が当たっています。しかし、本来のように上の歯が下の歯にかぶさった形にはなっておらず、逆の受け口になっています。
今までも受け口だったけれど、開口なので上下の歯は当たりませんでした。今は下の歯の裏側の先端が上の歯の外側の先端に当たっているのです。

物を噛むのにもあまり役に立っていなかった、下前歯が急に使われ出して、衝撃で細かい傷が入っているのだろうと言う事です。次回から、本格的に受け口を修復しますので、それができれば、痛みはなくなることでしょうということでした。

今回は、下の糸切り歯をもう少しだけ外側へ引いて、受け口修正がしやすくします。
見た目にはほとんど変化がありません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking