2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

先日、面会禁止が解けてから久しぶりにお会いした介護士さんが、私と会った時のみつこさんの表情を見て、「やっぱり、ご家族と会うと、表情が違うね!」とおっしゃいました。

もう全く意思疎通ができなくなって久しいのですが、今みつこさんの中では、施設の中とか、介護士さんとか、時々訪ねていく私とかは、どういうふうに映っているのでしょう。

昨日のことですが、テーブルに頭を持たせて眠っているみつこさんを揺すると、「止めてよ」という感じで、「誰ね?」と怖~い顔でちらりと見ました。
私よ、私。」と、みつこさんの顔の前に顔を出すと、表情がふと弛んで、「あ~、どこ行ってたの?」というような感じの言葉を発しました。

やっぱり、感覚として、覚えていてくれるんだよね。
私はみつこさんにとって、どこかで会った、親しい人・・・なんだろうか。
そういう反応がある限り、私の顔を見せに行かなくちゃと思うのです。
mitsuko

みつこさんの見開いたくりくり眼は、脳が機能しなくなっているので、一生懸命目から情報を集めようとしてる状態なんだそうです。


今日のなんくるカードから
---------------------------
めんそーれ

心を込めて めんそーれ
いつも笑顔で めんそーれ
ようこそ地球へ めんそーれ。


   *めんそーれ:いらっしゃい
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさんのことですからバリデーションはご存知かもしれません。
かってNHKの「生活ほっとモーニング」でやっていたのを見たことがありましたが、その後番組でやらないですね。
寝たきりでしゃべらなくなった重度のアルツハイマーの患者が問いかけに応えるところは感動的でした。効果があるのなら再放送してくれればいいんですが、駄目なのかな。
母にバリデーションを試さなければと思ったのは5月でした。強い興奮とともに、鏡に映る自分がわからなくなり、河野先生の「認知症を治した!24の愛情ものがたり(10)」にある眼を丸くする表情が出て意思の疎通が難しくなったからでした。
本も買ったのですけれど、能力のない私には難しい。
【】
NAMEを入れ忘れました。
昨晩母に初めて幻視の症状が現れました。
脱肛でこの10日ほど不穏と思っていましたが、ベッドに寝せて照明を暗くすると、天井の一角を凝視して
――息子がいる。
――えっ?じゃあ俺はだれなの。
と言ったのが大失敗。不安を増長させてしまいました。
――あの息子もお母さんには悪いことはしない。
何とか納得してくれましたが、口のもぐもぐ運動は収まらず、少し声が出始めまた夜間大声を出すのではないかと動揺してしまいました。
修行不足のmizuhoでした。

【*mizuhoさんへ】
mizuhoさん、いつもありがとうございます。

リンクにあります、「認知症ケアを笑顔で!」さんの中にバリデーションの記事がありましたので、持ってきました。↓
http://ameblo.jp/kaigoninn/entry-10263169589.html

私は積極的にこの方法を試してみたということも、本を読んでもいないのですが、NHKの番組では見たことがあるような気がします。

記事の中の14の方法のうち、いくつかは知らずに試しています。

MIZUHOさんも、充分にバリデーションをとり入れていらっしゃると感じます。

先日ご紹介頂いた「腹臥位療法」も、施設でも検討してもらっています。うたたねしている時にさりげなくそういう体位にしてもらっているので、聞いて頂いた甲斐はあったと思っています。ありがとうございます。

お母様の幻視とせん妄がうまく治まるといいのですが・・・。お薬を使うのは難しいのでしょうか。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking