2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のなんくるカードから
---------------------------
サイレント

たまには 静かな ひとときを
自分でつくって あじわって
内なる光に 入っていこう。



【ちょっと遅くなったら】

今日までお休みですし、よしおさんの朝ご飯が10分ほど遅れてしまいました。
お雑煮を持って到着すると、すでに自分でご飯をよそって、冷蔵庫の物を出して、がつがつと朝ご飯を始めていました。塩出しが済んで、食べれる状態になっていた数の子数本がすでに全部ありませんでした。

ここで、私の取る態度としては、いろいろなパターンが考えられます。

1・感情に任せて怒る。「何故待ってられないのよ。忘れたことなどないでしょ。」と言う。

2・「どうして覚えてくれないの」と皮肉たっぷり嫌みを言う。

3・「遅れてごめんね。いい加減なものを食べさせて悪かったわ」と素直に謝る。


思いつくところはこの3通りくらいです。
私の心にも波があって、昨年秋くらいは、かーっときたら、わぁーっと言うか、むっつり黙るという最悪パターンを呈していました。

これでは、いくら怒らなくなったよしおさんと言っても、気分が言いわけがありません。そこで、今日はちょっと気持ちを鎮めて、2と3の中間くらいのことを、かーっとせずに冷静に言いました。

両親はそれぞれに、落ち着くべき所に落ち着いておりますので、今は介護者である私の心の平安ということを深く考えています。よしおさんは今では好々爺。何も重大な問題はないのだから、何があっても、私がそんなにかっかするようなことではないはずです。一体私は何をそんなにストレスと感じているのでしょうか。

私の心にわき起こる、恐怖とか、不安とか、苛立ちとか、その他いろいろなマイナスの感情はどこからくるのでしょうか、そんなことを静かに考えて、心を落ち着けるのに良かれと思うことをひとつづつ試してみたいと思っている昨今です。
関連記事
スポンサーサイト

【】
遅くなってしまいましたけれど
あけましておめでとうございます。

お正月、みつこさんの笑顔が見られて良かったですね。
よしおさんも本当に困ったものだと思いつつも、この年でしかもレビーで、ここまで生活出来るのはすごいことです。
そんなことはわかっていても抑えるに抑えきれない感情が次々と出てくるのは、肉親、身内だからです。パンドラさんに元気な頃のよしおさん、みつこさんの記憶を消すことはできませんもの。どうしたってあの頃と比較してしまう。そうすると、なぜっという気持ちが起きない方がおかしい。
私も眼を閉じると元気な頃の母の姿が浮かびます。でも現実の母の姿は、車椅子に座っているのがやっと、手、腕が強ばり、口のもぐもぐ運動(痙攣といった方が近い)、とうとう飲み込みまでおかしくなってきた。この現実をどうとらえていいのか悲嘆にくれてるのは事実です。
今何とかやっていられるのは、先々のことに思いを巡らせず、今自分にできる最善は何かに徹しているからだと思っています。
私は母を笑わせに特養に行っています。笑わせると母の場合排尿排便があるからなのですが、河野先生が認知症大講義第4週に書いてあったことがきっかけです。それに東京医科歯科大学の藤田紘一郎教授が笑うとNK細胞が活性化されて免疫機能が高くなると言っていたためでもあります。
それと新事実。藤田先生は池谷裕二東京大学大学院准教授との対談でわかったこととして、この笑いは心底おかしくて笑わなくても笑う表情を作れば同じ免疫活性化が起こるのだそうです。
こうなったら思い煩うより笑いの表情だけでもしていた方がいいかもしれませんね。
本年もよろしくお願いします。
【*mizuhoさんへ】
mizuhoさん、新年のご挨拶ご丁寧にありがとうございます。
私も遅ればせながら、明けましておめでとうございます。どうぞことしもよろしくお願い致します。

この記事はちょっと愚痴っぽく聞こえるかもしれませんが、私自身の気持ちとしては、「これからは親のことで一喜一憂したりしない。親ということで特別な間柄ではあるのですが、それを超えて、同時代に住む人間として愛と共感と思いやりを持っていきたい。」というような気持ちの表れです。ちょっと壮大すぎるかもしれません。

笑いの大切さは思います。癌細胞を消滅させることもあるのですもの。脳にだって絶対に良い影響があるはずです。

しかも、形(表情)だけでも効果があると聞いては使わない手はないですね。思い煩うことの対極ですものね。

いつも、ありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。