2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

明るく元気になる沖縄発の「なんくるカード

なんくる」というのは沖縄の言葉で、「なんくるないさぁ」から来ています。
なんとかなるよ~」という意味です。

50枚のトランプカード大のカードから出来ています。
1枚のカードに可愛い手描きの絵と明るく生きるヒントとなる言葉が描いてあります。
これを朝1枚引いて、その日のパワーにしたいと思っています。

因みに介護や医療と直接は関係ないのですが、
介護者へのメッセージとしたいと思っています。

-------------------------------
今日の「なんくるカード」から

受け入れる

勇気を持って 受け入れる
相手を信じて 受け入れる
自分を信じて 受け入れる。



【立ち上がれるか?】

今日は夫とふたりで、みつこさんを訪問しました。
眠っていましたが、機嫌は上々でした。

お正月に家に帰るとすると、いろいろ難関があります。

乗用車に乗り移って、あとは車イスにするとすると、
・乗用車に乗り込むのは手伝ってもらうことも可能なので、OK.
・家について、車から降りて車イスに乗り移れるか?あるいは、おんぶできるか?去年はおんぶ対応しました。
  どちらも、本人が理解できれば可能。理解してくれなければ不可能。
・車イスに乗り移れたとしても、そこから玄関までの階段をどうするか?
  車イスごと抱える: を想定して、お部屋でふたりで持ち上げてみました。一応持ち上がりますが、これで10段ほどの階段を上がるのは、絶対に無理です。と、すると、ヘルパーさんの手が要ります。
・乗り移るのが困難となると、介護タクシーで車イスごと運ぶことになります。もしかしたら、運転手さんに玄関まであげるのを手伝ってもらうことも可能かもしれません。

兎に角、本人が車イスから普通の椅子への移動とかができるかどうか、ふたりでやってみることにしました。喫茶まで出かけて行くと、先客がいました。いつも土曜日に入所中のお父様を訪ねていらっしゃる姉妹です。

その方たちとは別のテーブルについて、そこの椅子へ移動するように、みつこさんに話しかけてみました。以前は割とすんなり私ひとりでも出来ていました。今日はなかなか理解してもらえず、テーブルに手をついても、足を踏ん張ってお尻を上げることができません。足を延ばしてしまうので、お尻が前にすべりそうになります。何回もトライしていると、先客の姉妹が見かねて手伝いに来て下さいました。

たいへんそうだから、手伝いますよ。」と手を差し伸べて下さるので、
実はお正月に家に連れて帰れるか、練習しているんですよ。」と告白しました。

実はこのおふたり、時々お会いしていたのだけど、お父様を間にふたりで関係ない話を大声でしていて、挨拶もないし、「感じ悪ーい」と思っていたのでした。

実はそうじゃない」ということを知って、とても嬉しいできごとになりました。
ちょっとした見かけで判断してはいけないですね。

ユニットに戻ってから、介護士さんに、普段の移動はどういうふうにして下さっているのかお尋ねしました。
やはり、本人がその気になるのを待って、手を貸すという方式で通しているそうです。抱きかかえたり、その気じゃない時に引いたり押したりしても不穏になるということでした。

お正月までには、まだ少し時間があるので、どうするか検討してみることにします。

two 091212
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking