2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

先週の金曜日に鍼治療の為、みつこさんを迎えに行って以来、訪問していなかったので、みつこさんに会ったのは、今日で3日ぶり。
正確には金曜日は寝ていたので、その前の水曜日から5日ぶりになりました。

でも、いつもと変わらず、声をかけるとちょっと微笑んで「どこへ行ってたの?」って聞いてくれました。
5日前でも、昨日でも、とにかく前のことは覚えていないのだから、私のことを完全に忘れてしまわない限りは、何時会っても、久しぶりでも、あまり変わりはないのかもしれない。
そう思えば、割と気楽になります。

でも、実際はどうなのかな。。。私がいないと、「どこへ行ったのかな」「何時来るのかな」とか思っているのだろうか。
それとも、そういう感覚すらないのだろうか。

私と話している時も、どこか、みつこさんの記憶の深いところへタイムスリップしているらしい。
誰か、子供の頃の知り合いの人らしき人のことを話していたりする。
そんな時は、ただ、相槌をうつことにしている。

今日は訪ねて行った時間が午前11時。
その時点で、今起きたところで、これから朝ご飯でした。
介護士のIさんが、忙しそうに他の方の介護をしながら、ちょこちょこと側に来て、このところの様子を話して下さいました。

大体、10時くらいに自力で起きてくることが多い。
時として、お昼まで起きる事ができない日もある。
まれには、早い時間にトイレに行きたくて、目が醒めて、そのまま起き上がることもある。

そんなふうに話して下さいました。

先日までは、8時くらいまでの早い時間に起きれる事と、10時過ぎまで起きれない事とが半々くらいだと聞いていました。

夜は8時くらいに睡眠剤を飲んで、寝付くのは11時から12時ということでした。

朝、起きないことは、生活に支障はないように思えるけれど、食事が2時間しか保管できないそうで、2時間経つと処分されてしまいます。
もちろん、別に軽食を用意して下さいますが、たまにならば良くても、半分くらいがそれでは、栄養的にも問題が出そうな気がします。薬もずれ込んでしまったり、抜いたりということになります。

再三、睡眠剤が蓄積されて来るような気がするから、たまに一度抜いてみる日を作って欲しいとお願いしています。
看護師さんにお願いすると、介護さんと相談してみますとおっしゃるし、今日は介護士さんにお願いしたら、看護師さんと相談してみますと言われました。

「ほんとに、相談してくれているの?」って、だんだん言いたくなってきました。
みんな忙しさにかまけて、命にかかわらないことは、後回しなんだろうな。
家族は自分の家族だけに目が行っているから、施設の方たちとは、全然感じ方が違うのだろうと思う。

もうちょっと我慢?する必要あるかな?
もしも、こんどの鍼も行けなかったら、絶対、生活指導員さんに相談しよう~。
関連記事
スポンサーサイト

【】
こんにちは。久しぶりなので、まとめて下からずっと読ませていただきました(^^;)

よしおさんの望んでいた晩年だろうか・・・
のくだり、自分の父母のことを思うと辛いものがあります。

でも・・しかたないかなと思います。
死にたくなくても、とんでもない事件に巻き込まれて考える余地もなく死んでしまう事もある世の中です。
神様から寿命をいただいて、自分なりに生きる・・・しかないのではないかしら?たとえ娘でも、応援出来る部分と出来ない部分はあると思うのです。
【*ピーの家族さんへ】
>ピーの家族さん

下からずーっと読んで下さってありがとうございます。

ピーの家族さんのおっしゃること、よくわかります。
私も、子供が親の人生に責任も義務もないと思います。
親は子供の事に、、責任と義務があるけれどもね。

父は子供である私を私物化しているところがあって、『自分のことはすべて私がみて欲しい』と考えているふうです。
ただ、単にそれが希望であって、それを口に出しているだけかもしれませんが。

やってあげられることには限度があることを理解してくれたらいいのですけどね。
少しづつ、説得しようと思っていますが・・・。

【】
パンドラさん
この前は早々にコメントのお返事ありがとうございました。メールに慣れてないので、あまりコメントだせなくて、ごめんなさい。
毎朝、パンドラさんのブログ読んで、元気づけられて、エィ、よっしゃーってかんじで、母のいる施設へ一日おきくらいで、面会にいってます。
パンドラさんの書かれているように、母に 「なんでここに私がいてるのわかったのか」 とか 「あんたは全然会いに来ない。」 とか 「会いに来ても私をほって帰った(半泣きや、不信感)」などなど。。。もう、私もとまどいもせず、漫然としてますが、、、
母のよろこぶ顔をみて、自分も元気になりたくて、面会にいってるのだけど、こんな状況で面会にいってる意味あるのんか???
だれか、おしえてほしい。
でも、あせらずに、自分で答えを考えていくしかないんだよね。

【】
>ターニャさん、こんにちは♪

お母様、老健に入所されて、それから1日おきくらいに会いに行っていらっしゃるんですね。

「帰りたい」って、大騒動にはならなかったのかしら。それだったら良いですね。
帰宅願望が強くて、どここから出ようとしたり、逆に閉じ込めとかなると、辛いですものね。

私の母も会いに行った時は、「どこ行ってたの?」とか言います。
やっぱり、私が一番親しい人のままでいてくれるから、会いに行けば、「嬉しい」と思っていてくれると思っています。

ターニャさんのお母様も、絶対に会いに行く意味はあると思います。
気持をぶつけられるのは、会いたかったからなんですもの。
1日おきに行っていらしても、覚えていらっしゃらないから、そういう言葉がでるのですよね。

書き込み、無理なさらないでくださいね。
でも、ひとことコメントでも良いですよ。
コメントを頂くと、私も励みになりますもの。、
【】
パンドラさん
そう、そう、忘れてた。確かに、私が母に会いに行ったら、いつもじゃないけど、母はうれしそうにしてくれる。
その部分に光をあてるようにするネ!
会いに行く意味、あっても、なかっても、きっと私は会いに行くのだろうから、意味あるほうがいいよね!
パンドラさん、ありがとう!

私もひとりっこです。父母は、パンドラさんのご両親とほぼ同年代で、父は11年ほど前に他界しています。リンクのygraciaさんのブログも拝読させてもらってますヨ。すてきな方々のブログに出会えてうれしいです。
【*ターニャさんへ】
>ターニャさん、前向きなお返事ありがとうございます。
お母様は一人きりなのね。ターニャさんしかいないのね。
ターニャさんが会いにいらっしゃれば、絶対に喜んで下さっていると思うよ。

ygraciaさんには、お会いした事もないのに、どんなに力になって頂いたかしれません。
ネットの出会いも、貴重な不思議なご縁だと思っています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking