2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事内容は昨日のことです。

日曜日の午後に訪ねて行きました。
施設の隣には牧場があり、土日は遊びに来る人で賑わっています。
施設のベランダからも見渡すことができます。
あまりみつこさんと外へ出ることはないのですが、昨日はちょっと心惹かれてベランダに出てみました。
コスモス迷路にも人がちらほら見られました。
コスモス迷路
画像は少し前のものなので、人影がありません。

よしおさんも、先日デイからこの牧場へ遊びにきたところです。
よしおさんは牧場に接してみつこさんの施設があることは知っていると思うのですが、特に感慨深いという様子はありませんでした。

みつこさんの車イスをベランダの手すりぎりぎりの所へ着けてみましたが、特に嬉しいという様子もありません。状況が認識できていないのかなぁと思います。
みつこさんの車イスの背中のポケットには2006年のお正月の家族写真と、猫たちの写真が入っています。それを広げて手渡すと、じっと見ていました。ちょっと見難そうにもするので、私のメガネをかけてもらいました。
mitsuko091108

それから、施設内を静かに一周して、それから眠ってしまわないうちに、おやつです。
それがこの頃のいつもパターンになりました。
みつこさんと一緒にいると、静かな、穏やかな、止まっているかと思うような時がゆっくり流れていきます。みつこさんがにこっと笑うと背中から輝く光を発しているような錯覚にとらわれます。

みつこさんのウォークマンの中にデルタレゾナンスと、さらに、とあるヴォイスヒーリングも入れてきて、耳にイヤフォンをさし込んでみました。聞こえているはずなんだけど、何の抵抗もなくあまりにも自然に受け入れてくれていました。考えてみるとデルタレゾナンスも声ではなく音による一種のヒーリングのような気がします。みつこさんの場合はただ、無の境地で聴いてくれるので、邪心が入らず、そのまま心を落ち着ける効果が期待できるのではないかと思います。

私の中から、みつこさんを何とかするという必死感は何時の間にか消えて、今はあるがままのこの時を共有していようという、温かい気持ちにつつまれています。もしかすると私の中の落ち着きが、みつこさんに鏡となって表れているのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。