2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のみつこさんは、目は開いているけれど笑顔はない。「何だか、いろんなことが疑問で疑問でしかたがない。」「自分はなぜ、ここにいるの?」とか、「自分は誰なの?」とか、「ここはどこなの?
というふうに考えているのではないかという雰囲気がありありでした。
今日は「えへへ」と笑っている場合ではなかったのでしょう。

何と言っても、言語(日本語)が崩れかけているので、言語が崩れたら、思考ができなくなるという様を見せつけています。「わからん」「わからん」と連発するのは、「何がわからんのかわからん」「私の言っていることがわからん」ということなのでしょう。

ハリ治療が終わった後、いつものように施設内散歩に出かけました。いつものように眠りこけるわけではないのだけど、何だか不思議な感じの散歩になりました。何か思っているのか、あまり口も開かず、眠っているのかなと思うと目覚めていました。

ぐるっと回って、施設に戻ってからは、目の前の人とか、横を通る介護士さんとかをじっと目で追っています。カウンター席に座っている時には前に立っている介護士さんをじっと見つめ、他のことは耳にも目にも入らなくなります。たとえば、おやつを口に運んでも、目が忙しいと口は開けません。「みつこさんおやつよ」と言っても、耳にも入らないようです。ひとつのことに集中しないと、物事が理解できないのでしょう。たとえ集中しても理解できないから、どんぐり眼になるということなんですね。

今日嬉しかったことがひとつありました。
散歩をしていて、途中で、ゴリラくんと、チンパンくんに出会うコーナーがあります。そこで、チンパンくんをみつこさんの膝の上に届けようとして、私が車イスのみつこさんの足にひっかかってしまいました。
すると、みつこさんが、「すみません、すみません。」と謝るのです。
mitsuko091105

同様のことが、先日介護士さんのお話でもありました。それは介護士さんが食事介助中のことで、「みつこさんがちょっとムセたので、『大丈夫?』と背中をさすったら、ありがとう。すみません。ありがとう。すみません。とこちらが恐縮するくらいでした。」と報告がありました。

やっぱり、みつこさんの頭の中では、何かが、いつも変化している(良い方へ?)のだなと感じたことでした。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。