2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

【ワイヤーの種類、太さ変更】(2009年11月4日)

091104
↑本日の調整後です。

一覧
↑これまでの一覧です。

この1ヵ月前歯は全く変化なしです。
最初の頃お世話になっていた衛生士さんに、写真撮影を手伝ってもらって、「うわぁ、揃いましたねぇ」とびっくりされたくらい、器具を装着した当初と比べると雲泥の差となっています。

奥歯は動いているというのが、感覚としてもわかります。
歯全体が奥へ引っ込んでいるようで、唇の閉まりもよくなりました。

今回は、前歯の表側の装置の周囲にプラークがついているということでした。
パ「しっかり磨いているつもりなのですが、磨き方が悪いでしょうか?」と尋ねると、
衛「唾液の出が悪く口の中が乾燥するとプラークがつきやすく、かつ、固まりやすいので、キシリトールのガムか錠剤を使ってはどうでしょうか?」と勧められました。

ガムは噛むのがまだ痛かったりするので、タブレットの方をもらってきました。
強力ミント味のスーハーのものです。これで唾液の出が良くなるそうです。
こういう刺激は好きなので、気になりません。

今回はワイヤーがさらに一段階太くなり、かつ、温度によって締め付けが緩むということがなくなり、常に締め付けているようになりました。

受け口はまだ直す段階に来ていなくて、もうちょっと後のお楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking