2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

みつこさんが子供時代に帰っているということを再三書いてきましたが、今日はそれよりもむしろ、「あちらの世界と交信しているのではないか?」という気がしてきました。
もちろん、それは、私の心の中の遊びの部分みたいなもので、みつこさんを観察しながらいろいろ想像してみているからです。何しろみつこさんは、現世の人には誰にもわからない世界を歩いているのですから、どんなふうにでも想像することができます。

みつこさんの話の中で、一番よく登場するのが、○かちゃんというみつこさんの姉です。○かちゃんはみつこさんの兄弟姉妹の中で、一番の仲良しでした。私にとっては伯母である彼女は、17年ほどまえに白血病で亡くなっています。○かちゃんの死から、みつこさんは精神的にバランスを崩したのではないかと叔父が言っていたほどです。当時は叔父の話を私は受け付けませんでしたが、今はそうかもしれないと思っています。あまりにもショックの大きいことで、精神のバランスを崩すということは有り得ることですから。

みつこさんが「○かちゃんはどこへ行った?」というような話をすることがとても多いので、みつこさんは○かちゃんや、他の兄弟姉妹と一緒に過ごしていた子供時代に居るのかなと想像していたのですが、、、、そうではなくて、今、○かちゃんがみつこさんの元へ訪ねてきているのかもしれないと想像したのです。

そうであっても、みつこさんには、もうしばらくは可愛い笑顔を見せていて欲しいので、あちらへ連れて行くのはもう少し待っていて欲しいと思います。

この頃、「顔つきの変化」と、「会話の成立」という変化がたまに見られ、改善していると感じられることがあります。今日も私とこんな会話がありました。



眠っていたので、揺すり起こすと目を開きました。そして私の顔を見て、

み「誰?」(『見覚えがあるけれど、誰なの?』という感じです。
み「○かちゃん???」と半分嬉しそう。
 
み「まさかね!」←ほんとうにそう言いました。私はひっくり返りそうになりましたよ。
と、言うことは、○かちゃんは現実のこの世にはいないことがわかっているということになります。

そして、↓これが、今日の画像です。笑顔の瞬間ではないのですが、顔つきが家族の欲目かもしれないけれど、呆けていない顔になっています。

mitsuko091029
関連記事
スポンサーサイト

【】
今日のみつこさんのお顔を拝見して、
フィリッパピアスの「トムは真夜中、庭で」というイギリスの話を思い出しました。

みつこさんのそれが、楽しいことでありますように。
【*ankoさんへ】
こんばんは。

フィリッパピアスの「トムは真夜中、庭で」という小説を読んだことがありませんでしたので、検索してみました。

みつこさんが住んでいる世界こそが、そういう時空を超えた世界なんですねぇ、と妙に納得しました。

みつこさんは笑顔を見せてくれることが多いので、きっと楽しい世界にいるのだと思います。

ankoさん、教えて下さってありがとうございます。
私も早速お買いものリストに入れておきました。
ついでの時に買って、ぜひ読んでみます。
【】
パンドラさん、こんばんは。
みつこさんの表情は、僭越ながら私の目にも、しっかりしとした意思あるお顔にお見受け致します。
笑顔は勿論嬉しいですけれど、こうした表情を見せて頂けるのことにも、私は深い感動を覚えます。
画像を公開して下さり、有難うございます。「まさかね」発言と共に、勇気を頂きました。
【*kuririnさんへ】
kuririnさん、こんばんは。

みつこさんの表情の変化を記事にしますと、画像を目隠ししては意味がなくなってしまいます。
その辺の私の気持ちが急速に変化してきました。
京都セミナーの頃から考えても、大きく変化していて、当時は躊躇していましたので、kuririnさんには申し訳ないような気がします。

みつこさんが、もしもフェルガードを飲んでいなかったら、今頃どんな状態であるかは、わからないのですが、今の状態は保てていないと思っています。

これからも、何かの形で進歩が感じられる限り、画像も出していこうと思っています。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking