2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【浮腫】
mitsuko&yoshio091024

よしおさんは今日の夕方ショートから帰って参りました。
お迎えに行きますと、今日のみつこさんは、ばっちり目を開き、私の顔を見ると、えへぇ~と笑ってくれました。今日は照る日ですね。やっぱりみつこさんの元気がいいと、私の気分も晴れ晴れとしてきます。

さて、よしおさんはいつもと同じように家に帰ってきたのですが、家に戻ってから突如、自分の足が浮腫んでいることに気がつきました。いつも少しは足の甲に浮腫みがあるのですが、だいぶひどくなっていますので、気になることでしょう。

心不全は以前の検査では、心配するような値ではありませんでした。何ヵ月か経っていますから、多少の変化はありそうですが、息苦しいような様子もありません。しかし、いつものごとく、自分の体の変化には恐怖を伴って、不安がつきまといます。

そんなに気にしなくても大丈夫よ。少し様子をみましょう。」と言ってみても、その場は納得しても、それを覚えていられるわけでもありませんから、すぐに不安になります。夕食時には「明日、病院へ連れて行ってもらおうか。」と言い出しました。

何となく気が重くなります。このやりとりが延々と続いて、パニック状態になるとやっかいです。「救急車を呼んで。」とか、「隣で寝て。」とか言われないことを祈りたいです。早めのリーゼがいいだろうか。

心臓への負担、腎臓の機能低下などは進行していることは考えられますが、2~3日様子をみても大丈夫だと思っています。今回はショートで日中起きていることが多く、しかも上履き着用が浮腫みの原因にもなっているのではないかと思います。今までも同じ条件だと言えば、そうなんですけど。

施設でも足の浮腫む人は多いです。
よしおさんの場合は、そういった体調の心配とともに、本人の精神的不安とどうつきあうかということがネックになります。

これからはこういうことが、多くなっていくと思うのですが、私は自分自身の精神状態をよしおさんと連動させない訓練が必要かと思います。(かなりできてきたと思うのですが、いまひとつ私の心に先回りした不安があります)
関連記事
スポンサーサイト

【お健やかに】
寒くなってきましたね。
風邪にはご用心を。

お二人とも穏やかで好かったですね。

足が浮腫んでいるのが痛くなると厄介ですが
父も全身の皮膚が脆くなって、、移譲が。。。
齢を重ねると次から次へと。。
バタバタしますが、、
只、日常の「歯ブラッシング」は大事です。
父任せで確認を怠ったから、誤嚥になるのが
早かった。それと風邪からの肺炎も。

何より介護者が一番好く知っていますから


【*nickさんへ】
こんばんは。ご無沙汰いたしております。
先ほどHPにお邪魔致しましたが、nickさんもお元気そうで何よりです。
長年お父様を介護されたnickさんならではのアドバイスありがとうございます。
おかげさまで浮腫みは一時的だったようで引いていきまして、ホッと致しました。
でも、これからはこういうことも多くなるかなと思います。
先輩のみなさんのアドバイスを参考にさせていただいて、何とか乗り切っていきたいと思います。
ありがとうございます。
【高齢者の浮腫みについて】
高齢者の浮腫みは、局所に水分がたまりやすい部分ができる為と考えた方が良い場合があり、心配する必要はないと思います。肝臓や腎臓が悪い場合は問題ありますが、高齢者では4か月~半年に1回血液検査で確認すれば十二分でしょう。
心不全の場合は、脛の部分にむくみが目だち足背やくるぶし周囲の浮腫みはないことが多いです。また呼吸が苦しそうになったり、脈拍が増加し何時も100を超えるなどなければ可能性は低いと思います。
この3つの原因以外でも浮腫むことはありますが、多くの場合大きな問題になりません。このような浮腫みを取るために利尿剤の使用はあまりお勧めできません。うっかりすると脱水になりいろいろな問題を起こす恐れがあるからです。どうしてもきになるなら、エスベリベンの使用をお勧めいたします。この薬は痔核の治療薬ですので、下着に血がついてお尻を多少痛がるとでも主治医に言って、座薬は嫌がるのでエスベリベンと言う飲み薬が欲しいのですがとお願いすれば処方していただけると思います。
【*hokehoke先生へ】
高齢者の浮腫みについてのアドバイスありがとうございます。
たいへん分かりやすく、納得しやすくご説明で、感謝しています。
素人判断で、何もしない方がよかろうと思ってはいるのですが、お医者さまにアドバイス頂けると、納得して行動することができ、心強いです。
本人に説明するというのが、また別の大変な問題ですので、エスベリベンというお薬のことは、本人が納得しない時のために知っていると、とても助かります。
ありがとうございました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。