2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

施設内に提携病院から嘱託医の先生が派遣されています。
施設入所すると、その先生に診て貰う事になるからということで、施設入所の際の健康診断は、その先生の外来でお願いしました。

ところが、健康診断の時に初めて会ってびっくり。何ておデブな先生!
こんなメタボな先生が内科の先生だなんて、自己管理できていないの丸出しで、がっくりしました。

あの「高木ぶー」な先生だけど、施設の人は皆、あの先生に診て頂くことになっているのなら仕方がないかと、半ば諦めていました。
ところが、施設の看護師さんが、気を利かせて、
「みつこさんには、こちらの先生が合うと思いますから、予約を取りましたので、病院外来へ行きましょう。」と、内科の別の先生を予約してくださいました。

予約診療と言っても、時間のズレがあり、かなりな待ち時間になりました。
いつも待つのがたいへんなみつこさんです。
長時間になって、ご機嫌が悪くなるのではと心配でしたが、今日は、ほんとに良い調子で、テレビを見て笑ったり、赤ちゃんを見て(テレビ画面の中の)「可愛い」と言ったり、みつこさんのあまりのおりこうさん度に感激です。

さらに、嬉しいことに、これからのみつこさんの担当の先生が、施設に提出してあった、前医の医療情報提供書を見て、前医とお知り合いであることがわかりました。
「○△先生、昨日お会いしたばかりですよ。」って。

みつこさんの内科はこの先生にお任せして大丈夫だと思いました。
懸案事項をひとつクリアーできました。

read more▼

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking