2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

【この幸せを分けてあげたい】
Happy Birthday

本日10月4日はみつこさんの84回目のお誕生日です。
そして、再生みつこさんの2歳のお誕生日でもあります。

最近食べる量も減ってきたし、ケーキを切り分けて食べるのは、施設ではなかなか大変。それに施設ではきっと何かの形でバースディを祝って下さいます。そこで、私はスタッフの皆さんにお土産を持って、みつこさんに「おめでとう」だけを言いに出かけました。

最近は常に眠っている(目を閉じている)みつこさんになりました。
一応いつものように、儀式的ですけれど、眠っているところを起こして、「えへへ」と笑ってくれたので、お部屋に移動しました。

私の洋服を見て、レースのところを指差して、「きれい」と言いました。
デルタレゾナンスを聴きながら、足と手のマッサージ。足の裏を触ると「痛い」と言います。何故なのかはちょっと不明。太ももの辺りはいつも自分で撫ぜています。痛いのだろうなとは思います。寝起きの朝はかなり痛むらしいです。あまりな時には痛み止め座薬を使用してもらいます。

それが終わると、施設内をぐるっと一周します。眠っているけれど、時々目を開きます。そんな時にちょこっと話したりします。噛み合わなくてもいいのです。今日は一段と穏やかで、私とみつこさんの間に頓珍漢な会話をしながらも、温かい空気が流れていました。私もやっと、それでいいのだと思えるようになりました。

ユニットに戻って、おやつを待っていると、ユニットのチーフが「ちょっと待ってね」と言いながら、おやつを持ってきて下さいました。

じゃ~~ん!
今日はみつこさんのお誕生日だから、ケーキを買ってきたのよ。食べてね。お誕生日おめでとう。」と言って、いちごタルトを運んで下さいました。

チーフがパチパチと拍手して下さったのに続いて、
私も「みつこさん、お誕生日おめでとう。」とパチパチと拍手しました。
すると、みつこさんも嬉しそうに、一緒にパチパチと拍手をしたのです。
Happy Birthday 2

おお、何と可愛いみつこちゃん。これはやっぱり、2歳のお誕生日でしょうか。

特養のユニットの片隅に、得も言われぬ、幸せな時が流れました。



認知症のしかも、ピック病というあまり知られていない病気になり、
人格も変わってしまい、
家族とともに暮らすことも、自分の意思で何かをすることも適わなくなり、
気に添わなければ暴力に訴えるしかなく、
ひとり離れて施設でお世話になり、
あのみつこさんがねぇ」と言われ、

何だか可哀そうでしかたがなかった時もあったけれど、

今は、みつこさんから、とても温かい幸せなオーラとも言えるものを感じることができる。

みつこさんの魂はすでにあちらの世界へ半分以上返っているのでしょう。
だから、こんなに無垢な魂でいられるのではないでしょうか。


今日も、認知症の家族を抱えて、失意のどん底にいらっしゃるご家族がたくさんいらっしゃることでしょう。3年前の私たちのように・・・。

その方たちに、諦めないでとお伝えしたい。認知症が治らなくとも、私たちのように、こういう幸せもあるのだから。

この小さくて大きな幸せをお分けしたいと、心から思います。
関連記事
スポンサーサイト

【】
みつこさんのお誕生日、おめでとうございますv-274v-25
今日はご機嫌も麗しく、最初のお写真は特ににっこにこですね!ほんとにかわいらしいです…なんて、わたしが言ったら失礼でしょうかね~♪
みつこさんも、パンドラさんご家族も、これからもずっと穏やかで元気にお暮らしになるようお祈り申し上げます。
【*どぅさんへ】
こんばんは。
いつも温かいコメントありがとうございます。
そして、みつこさんのお誕生日にお祝いのお言葉ありがとうございます。

いい笑顔でしょ?って私が言ってはいけませんね。
ご機嫌の悪い時も多いのですが、それでも全体としては、可愛いおばあちゃんになりました。

優しいお言葉ありがたく頂戴いたしました。

どぅさんも、6人家族の実質上の長として、末永くお幸せでありますように。


【】
ご無沙汰してます。
みつこさんお誕生日おめでとうございます。
幸せなお誕生日で本当によかったですね。
私たちへのエールもありがとうございます。
じ~んときました。
ブログを拝見する前、ちょうど思っていたことです。
毎日のように失敗する排泄の始末や怒って叩かれることも後になったら、きっと懐かしくありがたく思えるんだろうなぁと。
大変だけど、笑ったり怒ったりしながらも通じ合えることをかみ締めながら、介護できたらいいなと思いました。

【】
みつこさん、お誕生日おめでとうございます!

なんて、いい笑顔なんでしょう。
こちらもにっこにこになりますよ。
笑顔ってやっぱりいいですね。
【*カモミールさんへ】
カモミールさん、コメント書き込んでくださってありがとうございます。
お誕生日のお祝いのお言葉ありがとうございます。
穏やかなお誕生日が迎えられて、ほんとうにありがたく嬉しく思っています。

本当に大変だった時はお誕生日どころではありませんでした。そこを過ぎてこういう日が迎えられることは、本当にありがたいです。
そういう日があったからこそ、今日の日が幸せと感じられるのだとも思います。
カモミールさん、同じ日は2度はありません。いつもいつも変化しています。先を思い煩わず、今に集中することが、何よりよい方法なんだと思います。


>大変だけど、笑ったり怒ったりしながらも通じ合えることをかみ締めながら、介護できたらいいなと思いました。

このカモミールさんのお気持ちは素晴らしいと思います。
私も、病気が進行していくのを嘆くのではなくて、今日1日、今日1日と大切にしていこうと気持ちを新たにしています。
【*まきぼんさんへ】
まきぼんさん、みつこさんの笑顔を褒めて下さってありがとうございます。

みつこさんは結構笑顔が多くて、嬉しいのですが、それでも、いつもいつも笑顔で居てくれるわけではなくて、機嫌の悪い日も多くあります。

そんな中で、一瞬の笑顔をうまい具合にカメラにおさめることができました。

笑顔はいいですね。本当にそう思います。
私も、みつこさんの笑顔が少しでもたくさん見られるように、ということを目標にサプリの調整をしたり、対応したりしています。
笑顔が全てですね。
【】
遅れ馳せながら・・・
10/4v-30884歳のお誕生日v-344
v-315本当におめでとうございますv-315

みつこさんの笑顔v-354最高ですね!!v-354
本当に素晴らしいと思います。
そして、この笑顔に触れさせて頂き、お蔭で幸せな心地にならせて頂くと同時に、大きな勇気も頂戴した様に思います(^^)/。有難うございます。
【*kuririnさんへ】
kuririnさんらしい、とっても華やかなお祝い、どうもありがとうございます!
とてもうれしいです。

みつこさんの笑顔から幸せを感じて頂くことができて、また勇気をも感じて頂くことができたのならば、最高に嬉しいです。

みつこさんはサプリによって、脅威的なまでに落ち着くことができましたが、やはり認知症の進行までは阻止することができていません。
でもそれでいいのではないか・・・あるがままのみつこさんを受け入れていくことこそが大切なのではないかと気づきました。

そういった自分の心の変化をこそ喜びたいという、そういった心境でいます。

コメント、どうもありがとうございました!


【】
ご無沙汰しております。遅ればせながら
みつこさんのお誕生日おめでとうございますv-22
いつもパンドラさんの記事に励まされております。
うちの母はまだピックの中核症状がひどくて、先行きが真っ暗になり、コウノ先生にこの先母はどうなっていくのかを聞いたことがありました。
ピックの方が全く周りにいなかった去年の今頃です。
身体の機能の衰弱が加速していく旨を聞き、いろんな思いがめぐり先生の前で大泣きしましたが、
「病気が進むのと介護が重くなるのは別だ。」と先生らしいアドバイスを頂きました。今は大変失礼ながら、みつこさんのようなおだやかな幸せが訪れるということかなと解釈させて頂きました。みつこさん、よしおさんそしてなによりパンドラさんの笑顔が益々豊富になるよう心より願っております。文章が長くなりすみません。
【*turuさんへ】
turuさん、こんばんは。
みつこさんへのお誕生日のお祝いをありがとうございます。

コウノ先生がturuさんのお母様の将来のことをおっしゃったように
みつこさんは認知症の進行から、歩行困難、傾眠、言語機能の低下と
3拍子揃ってまいりました。
言葉で表現できないのでわかりませんが、記憶もほぼ子供の頃のことが
断片的に思いだせる(というのかどうかわかりませんが)だけのようです。

それでも介護士さんや私と気持ちを交わし、お世話され、笑顔を振りまく
ことができます。まだ認知症が進行途上で混乱していた時と、今と
どちらがよいのか、それは本人にとっても家族にとっても明らかです。

認知症は進行しても、こんなに穏やかに幸せを感じていられますよ、と
言うことを是非知って、先を思い悩まないでくださいね。
turuさんとお母様にも穏やかな幸せが訪れますようにとお祈りします。

私たちの幸いを願ってくださって、どうもありがとうございます。
たくさんコメントしてくださって、とてもうれしいです。

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking