2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はお盆休みをはさんで2週間ぶりのハリ治療がありました。

今日のみつこさんはうとうとするものの、昏睡してしまうことはなく、割合よく話してくれました。ハリの先生の感想は的を得ていると思うことが多くありますが、今日は「何だかわかっているねぇ。」と言うものでした。

私も家に帰るまでに具体的な言葉は忘れてしまうことが多いのですが、みつこさんと問いと応えがはっきりと噛みあうことがまれにありますが、今日も治療中にもそんなことがありました。マッサージをしてもらいながら、じっとしています。たぶん気持ちがいいのか、以前のことを体が覚えているのか、両方なのかだと思います。「ありがとうございます。」とか、「すみません。」とかの言葉も聞かれました。
ちょっと痛かったりすると、「いたっ」とか、「あつっ」とか小さく叫んでから、「それはいかんわ。」と言いましたが、手で振り払ったりすることはありませんでした。

ハリが終わった後、おやつまでのちょっとの時間に、ぐるっと施設内を1周しました。時々睡魔に誘い込まれながら、でも、ふと目を開き、笑顔を見せてくれたりしました。

今日はゴリラくんとのご挨拶もできました。
ゴリラと090820

大急ぎでユニットへ戻って、おやつを頂きました。今日はアイスクリームと温かいお茶。アイスクリームはこぼしそうなので、大きいエプロンを広げると、「これは好きじゃないの。」と意思表示がありました。

ガーデンアンゼリカを、ずっと100mgだったのを、じわじわと増やしてきて現在150mgですが、傾眠も多少は改善されているような気がするし、それよりも、発語面で大きく改善しているように感じます。はっきりとした言葉を話す。まれに会話が成り立つ。指示が通じるというような場合に感じます。

さて、おやつも終わり、そろそろ帰ろうと、「行ってくるね。今度は夏祭りに来るから、浴衣を着せてもらって待っててね。」と言うと、「帰るの?」っと言った後に衝撃の言葉が続きました。


「私もほんとは帰りたいのよ!」


こういう言葉はみつこさんを長く家に帰らせてあげていない身には、衝撃的に響きます。
でも、みつこさんの真意は、よしおさんが住んでいる家、みつこさんが住んでいた家に帰りたいという意味とは思えません。

私の勘でしかありませんが、みつこさんが子供だった頃の家、女学生だった頃の家のような気がしたのですが・・・だったら、帰りたいというのは変かもしれません。家を離れたことはないのだもの。
う~む、謎です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。