2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

先日の記事で、認知症外来の往診時にサプリメントの変更について、家族と施設スタッフとで共に検討できる方法として、家族からの提案を予め書面で提出しておいて、それをスタッフの皆さんで検討して頂くという方法をとってみることにしたということをお伝えしました。それが、これまでの何となく行き違い感を是正する第一歩でした。
--------------------------------
提出書類全文引用開始
<フェルガード類>
フェルガードに含まれるガーデンアンゼリカの総量を増やすことで、傾眠傾向が改善できないかと考えています。ただし、ガーデンアンゼリカの副作用で興奮し過ぎないところまでで、止めたいと思っています。

現在の状態は、傾眠がやや改善されているように感じます。ガーデンアンゼリカによる興奮状態というのは、異様にハイな状態として現われるように思います。母の場合は言葉がはっきりし、よくしゃべり、妙な丁寧語を使ったり、笑い過ぎたり・・という状態だと感じています。どこからを興奮ととらえるのかはわかりませんが、本人が機嫌よくしていてくれればそれで良いと思っています。今はぎりぎりのところでしょうか? まだ余裕があるでしょうか?

上記のことを考えると、今回、10mg増やしてみて、様子をみたい気がします。

フェルラ酸、ガーデンアンゼリカともに体へ蓄積するということはないので、あまり長い期間様子をみる必要はないと思っています。一応上げれるところまで上げてしまって、後はその量を維持するという形がよいのではないでしょうか。

提案:朝:NEWフェルガード半包
   昼:フェルガード100、2包
   夕:NEWフェルガード半包
   夜:フェルガード100、ハーフタイプ、2包


<人参養栄湯>
術後の体力アップを目的として始めました。認知症により脳がダメージを受け、その脳の部分と関連した体の部位にも障害が出るのが当然と考えて、体の方から、それを補う目的です。ただし副作用として、興奮もしくは胃もたれがある場合があるので、食欲が落ちているのは、胃もたれしている可能性はないかどうかを知るために、一時ストップしています。

止めてみて、食欲が増進したでしょうか? 変化ないでしょうか? 飲むことは負担でしょうか?

どちらにしても、もう1ヵ月、止めてみて、その後、1包/日で始めるのはどうでしょうか。
引用終わり

---------------------------------
今日、午後、みつこさんの内科外来の定期健診に付き添った時に、看護師さんが、提出した書面を読んでのスタッフのお気持ちと、更なる提案を聞かせて下さいました。

○たとえば感想としては、興奮と言うと、すぐに暴力というふうに考えてしまうが、よくしゃべったり、しゃべり方が変わってきたりする先に興奮があるというのは、目から鱗な感じがしたと言うものです。

○また、提案としては、スタッフは1日のうちでも何人も変わり、日によっても人が変わるので、何を観察するかということが漠然としていてわかり難い。どんな点を注意して見て行って欲しいのか、具体的なチェックリストを作って欲しいというものがありました。

早速、皆さんの熱意に応えて、こんなところを観て欲しいというチェックリストを考えてみたいと思います。

今までは、私一人で、スタッフの皆さんにみつこさんの様子を聞いたりしながら考えていたことを、みなさんも一緒に、協力して考えて下さる態勢ができつつあります。私の提案に応えて下さって、更に1歩を踏み出すことができたと実感できた、とても嬉しい日となりました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking