2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつこさんの7月の生活記録をもらってきて読みました。
この時期は、フェルラ酸500mg、ガーデンアンゼリカ140mgです。

・傾眠傾向から、昼食が食べれない、夕食が食べれないという記録がちらほらあります。
・便秘気味で、パンカマ、マぐミットを内科から処方され、認知症外来から漢方エキス剤を処方されていますが、この月に入ってから、下痢傾向になり、漢方も内科の下剤も中止することが起きています。

他には特に目立った記述はありません。

7月の記録を見ていると、今現在との違いとしては、やはり今は傾眠傾向がやや改善している感触があります。それに伴って食事も摂れていくので、改善できるものは改善すべきだと私は思っています。

介護士さんたち施設からは、「2週間ごとにサプリ(GA)の量を変えるのは早急過ぎないか、今現在良い状態なのだから、このまま維持すれば良いのではないか」という意見が良くでます。

家族としての私と、実際に介護を担って下さっている施設とで、2点の食い違いがあります。

ひとつには、私は傾眠がある程度改善され、かつ興奮が起きないところまで、GAを少しづつ上げていきたいと思っていました。だから、2週間ごとにGAの量を上げていたのは、まだ興奮していないし、傾眠もそんなに改善されていないので、もう少し上げて行っても良い、限界のところまで上げて行きたいと思っていたからです。2週間も続ければ変化を感じるのには十分と思っていました。施設の担当者さんたちは、2週間は短すぎると思っていらっしゃいました。

もうひとつは、施設では、今現在のみつこさんの様子が落ち着いているから、現状維持で良いと考えているということです。落ち着いているのはわかっているのですが、多少なりと傾眠が良くならないか?と考えていることが、どこかへ行ってしまっています。

実際に介護を担当して下さる介護士さんたちでも、10人くらいはいらっしゃるので、その方たちおひとりおひとりもまた意見が異なることでしょうし、今やっていること、私が意図していることが、おひとりおひとりにまで理解されていないということでもあろうと思います。

そこまで、考えると、施設に居て、家族がこれだけ口出しすることは、きっと他の住人さんにはないことだと思いますし、私もみつこさんのことばかりに集中して下さいとお願いする気持ちは毛頭ありませんから、少し策を練って、施設の皆さんにも負担にならないで、みつこさんにとっては試行錯誤ができるような方法を上手に探してみたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。