2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

今日はハリ治療の往診日ですので、午後から出かけてきました。

今日のみつこさんはみつこワールドの住人となり、よくしゃべりました。
GAが話す能力というところで力を発揮しているように思います。
しかし、残念ながら会話は成り立ちません。

今日も、兄弟姉妹の名前は話の中に多発していました。
おかあちゃん」と言うのもありました。
みつこさんが、母親のことを「おかあちゃん」と呼んでいたとは知りませんでした。
だって、あのおすましのみつこさんから、その呼び名は考えられませんでしたもの。
認知症になると、隠していた過去の事も、知らないうちに暴露してしまうかもしれません。

みつこさんが、独自の世界で話をしながら、時々こちらへ相槌を求めたり、質問したりします。
質問と言っても、「ダメなの?」「いいの?」といった、YES,NOクイズ形式です。
これには、必殺オウム返しで答えない限り通じません。オウム返しで「ダメ」とか「いいよ」とか答えてもどうかな、半分くらい通じるでしょうか?質問の前の何がダメなのか、何がいいのかがこちらが理解できないと、意味のない会話になってしまいますが、問いかけられた時には、一応わからなくとも答えます。たまに「どうして?」とフェイントを食らうことはあります。

当然ながらわからないまま答えれば、話が続く事はあり得ませんが、一瞬のうちに話していることも忘れて行くみつこさんですから、会話と言えない会話は意味なく続くことになります。それでも話の合間に笑ったり、笑顔を見せてくれると、「機嫌良く話していてくれるのだな。」と嬉しくなります。

こちらからの言葉かけは、ほとんど理解できないようです。
介助される時の指示の言葉、たとえば、「ここにつかまって」とかは、ジェスチャー混じりで何とか理解できているようです。(慣れも多分にあることでしょう)

耳からの言葉は理解できないけれど、自分の過去の出来事というか、今が過去になって、現実には目の前にないことが、あたかも目の前にあるかのように話すことはできています。時々、もしかして、幻視を見ているのだろうかと思うこともありますが、どうも、そういうのとも違うようです。

さて、そんなおしゃべりをしているうちにハリ治療も終わり、今日は目が覚めていましたので、よしおさんのところへ面会に連れて行きました。

最初はよしおさんが誰だかわからないふうでしたが、わからないままみつこワールドを披露していました。今日はよしおさんがそれに構わず、「時々会いにくるからね。」とか「あんたはここで元気にしておってね。」とか繰り返し言うと、何となくみつこさんの中の何かが、揺れました。
さあ、戻ろうかという時には、よしおさんに深々と頭を下げて、「ありがとうございました。」と言いました。

こういう一瞬に遭遇すると、胸に熱いものが拡がります。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking