2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

夏祭り

画像は先回のデイでの夏祭りの様子です。
よしおさんは一生懸命、金魚すくいをしています。
後で、金魚はどうなるの?っと思ったのですが、どうやら、本物の金魚ではなさそうなので、ホッとしました。
よしおさんが、こういうのを楽しんでいること自体がミラクルって気がするけど、ほんとは素質があるのかもしれません。みつこさんはこういうことが絶対に好きじゃないタイプなんですが、よしおさんは老人会の旅行なども出かけていましたから、本来は人の中に入るのも、話すのも得意とする方なのかもしれません。

隣に立って笑って見ている、お婆さまのメタボなお腹に笑ってしまいました(失礼)。
この日、昼食はバイキング方式で、焼きそば、タコ焼きなど用意されたものから、好きなものを好きなように食べる方式だったそうで、主食10割、副食10割になっていましたが、自分で取り分けたものを全部食べたということでしょうか?

こうやって、老人の体の機能を保ちつつ、人生の先輩である老人を尊敬しつつも楽しませてくれて、お守してくれて、幼稚園ならぬ、老稚園ともいうべきところは、以前は存在しなかったのだけど、今はこういうところが存在して、本当に助かります。

このデイにはみつこさんは通算1年半通いました。通い始めたころは、達者な口で、「ここは私の来るところじゃない。」と言っていましたが、最後、施設に入る直前は自分の居場所がわからなくなり、デイに行くのも嫌だけど、行ったら最後帰るのも嫌だーーという状態でした。みつこさんの進行のスピードはすさまじかったなぁと新ためて思います。

それに引き換え、よしおさんは間もなく1年と3ヵ月になりますが、ほとんど変化がありません。個人差なのでしょうか、認知症もさまざまです。それともやっぱりフェルガードを取り入れた時期の違いかもしれません。

施設でもそうですが、デイでも、働いている方たちは朝のお迎えから、夕方の送りが終わり、それから翌日の準備をするまで、1日くるくると立ち働いて下さっています。
時々よしおさんを直接送って行って感じるのが、働いている方達の雰囲気が良いことです。忙しくても笑顔を忘れず、働いている人たちの連携がまたとても良い。全体が明るく、ひとつになっていることをすごく感じます。やはりチーフの方針なのだろうな~と感じます。

そういう雰囲気の良いところがもう一ヵ所ありますので、そちらはまた次回の更新で紹介させて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト

【】
老稚園…ベストネーミング!
健全な成長を促す場が幼稚園なら、快適な老後をサポートする場が老稚園。
在宅介護も長期になると、どうしても支えきれないことができます。そういう支えきれない部分を他者の力で支えて頂く事が、在宅介護を続けていく秘訣ですよね。父が入院し、認知症の母のディを増やし大助かりです。改めてディやショートステイの必要性を感じています。
【いいなあ】
パンドラさん、毎日、暑いですね。
施設もサービスも、働いていらっしゃる方によってずいぶん違った感じになりますねえ。それに、そういうところに行けるのも、幸運な出会いですもの。

マリーさんも、フェルガード4包、抑肝散で、とっても落ち着いて一人で頑張っておりますが、やっぱりデイは行きたくないと。ヘルパーさんもやっと二人体制になったので、あんまり欲張らずに…にですね。
【*ちゃーさんへ//パンドラより】
特に認知症の入っているご老人にデイやショートは不可欠な気がします。
ずっと在宅はお互いに息苦しくなります。
幼稚園のように、老人を支えてくれるプロがいるということは、本当にありがたいですよね。
お母様もこれを機会に、もう一歩プロのお世話になるチャンスがやってきましたね。抵抗なく行って下さってよかったです。
【*ankoさんへ】
ankoさん、こんにちは!
マリーさん落ち着かれたようで、よかったですね。
たとえ、まだデイには行けなくても、ひとつづつでも前進しているので、大丈夫ですよ。
ヘルパーさんとankoさんの助けを得て一人暮らしをしていらっしゃるなんて、素晴らしいです。
いつかよさそうなデイのお試しができるといいね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking