2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

【ブラケット装着】いよいよ矯正開始(2009年7月13日)

矯正開始090713

今日はいよいよブラケットを装着する予定の日でした。
まずはお掃除。

その後、7番の歯にバンドを取りつけます。
右下だけは、隙間がなく、入りませんので、次回に見合わせになりました。
左上、左下、右上7番にバンド装着の後、いよいよブラケットを取り付けることになります。

前上下各4本はセラミックのブラケットで見た目が目立ちません。
5番以降は強度のある金属になります。それに細いワイヤーを通します。
これで歯を正しい位置に引っ張っていくわけです。
ワイヤーを固定するのも、ワイヤーです。
左右の犬歯と抜歯した歯をはさんだ5番の歯とは白いゴムでつないで後ろへ引っ張り、からまった前歯がほどけるように拡げます。

後は写真撮影、歯磨きの説明があって、終了ですが、1時半から始まって4時半までかかりました。
よしおさんがデイから帰ってくるのに間に合わず、夫も留守なので慌てましたが、何とかぎりぎりで、玄関前で待っていてくれました。

写真を見ると、ワイヤーが曲がりくねっているのがわかり、がたがた度がとてもよくわかります。
引っ張られる痛みもだんだん出てきて、前歯は全部痛い、奥歯も左上が痛み始めました。
また、しばらく流動食になるのだろうか。
これが嫌で、取り付けた翌日に取り外した人が、開業以来、若干2名いるというお話でした。
うーーん、もったいない。永久には続かないのにね。2名とも男性で、男性は痛みに弱いのかも、食べれないことに不快感が強いのかも・・という話になりました。
たまたま男性だっただけで、しかもお勤めのある人だと、食事ができないのは、数日でも我慢ならないかもしれないですね。お仕事上。

私の場合は、最初のエラスティック挿入が、余りにも痛かったので、もう心の準備は万端というところです。それにしても月1で、痛みと戦うのはしんどいけど、そのうち慣れていくらしいのと、歯が整ってくると、喜びに変わってくるらしいです。その日を楽しみに頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさん、こんにちは♪

矯正の痛みというのは、虫歯の痛みとはまた違うんでしょうね。何かで「歯の痛みは、人間が一番耐え難い痛み」だと聞いた記憶があります…痛いのは嫌ですね。早くなれるといいですね。

我が家の娘が、反対咬合でヘッドギアのようなもので矯正中です。しばらくさぼっていたら、歯医者さんにはちゃんと見抜かれてしまいました(汗)ほんとに根気が必要ですが、これからの時期あれをかぶるのはとても暑いのでかわいそうです。

よしおさんの電気毛布は、さすがに片付けたんでしょうか。暑いのでどうかお大事になさってください。
【*どぅさんへ//パンドラより】
こちらにもコメントありがとうございます♪

矯正の痛みは初体験ですが、食べる時が痛いので~す。
合わない入歯の人の感じなんでしょうか?
歯に触るだけでがーーんっと痛いという感じで、噛めなくなっちゃいます。
骨付き肉のかぶりつきなんていうのは、恐らく半永久的にだめでしょう。

お嬢様も反対咬合なんですか。
若いうちに頑張って直して下さいね。

暑くなると脱水が心配事になりますね。
もんちゃんもお大事に。
よしおさんは電気毛布は片付きましたが、ちょっと肌寒い(?)と保温下着を着たりして、こちらが困惑してしまいます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking