2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

よしおさんの介護認定が8月で切れるので、本日2年ぶりの聞き取り調査がありました。
この4月の介護法改定に伴い、いろいろと変化がありました。

主な見直し点は、調査時の本人の状態をありのままに調査する方法に変わったということで、本人や家族が普段困っていることを具体的に聞いてもらえます。
本日は、よしおさん宅での調査に立ち会った後、パンドラ家で本人の前では言いにくいことなどを聞いて頂きました。

具体的な聞き取り調査での変化は、長谷川式テストにあるような、物を3個(に減っています)覚えさせておいて、後から「あれは何だった?」と聞かれます。以前は100-7とかがありましたが、それはなくなりました。認知症の具体的な症状を詳しく調査されます。これも以前はあまり重きを置かれませんでした。

よしおさんは、2年前とは別人のように、気分よく受けてくれました。記憶は一段と落ちていますので、ぐるぐるぐるぐる同じ話が回りますが、「がはは」と笑いながら、質問に答えていました。
特に「覚えておいて」と言われると、できないことが自分でわかっているだけに、「がははぁ」が出ます。3個の物を覚えておくのは、ヒントつきで2個正解で、クリニックでのテストと同じでした。

介護度については、あまり意味がなくなったというか、希望どおりの介護度がつけてもらえるというとちょっと語弊がありますが、たとえ介護認定更新申請して、介護度が変化しても、従来どおりの介護度を選ぶことができます。

見直しにより、恐らく介護度は一般に下がるようなのですが、たとえ下がっても以前どおりと希望することができます。逆に上がっても、以前どおりと希望することもできます。デイサービス、ショートステイなど、利用したい介護サービスの頻度と、値段から、希望の介護度を選んでも良いというシステムです。

よしおさんは現在要介護1ですが、病気もないし、認知症も陽性症状が治まっているので、恐らく介護度は下がります。ですが、現状維持を希望しておきました。仮に上がった時には上げてもらうことにしました。デイ週3回を維持し、ショートは増えるかもしれないということで、限度枠を狭めたくはないからです。

よしおさんは、とってもいい気分の受け答えだったのですが、ひとつだけ、うーーんと思ったのが、「今日の調査は何のため?」と言う質問に対して、「どのくらいボケたか調べに来たんでしょ?」と答えていまして、これは頂けない・・と思いましたが、調査員さんは慣れてるのか、上手に、「どれだけお元気になられたか、見せて頂きに参りました。」と応じていらっしゃいました。流石!

夕方は、ヘルパーさんの来訪がありましたが、こちらも介護法の改正の影響で、若干値段の変更があり、それに伴って、重要事項説明書の再契約となりました。
介護関連のお仕事の方たちは、一挙に仕事が増えていることでしょう。それが、利用者や家族にとって、ほんとの意味での改正であるのならば、良いのですが。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking