2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

水木金とショートを利用してもらうと、中日はみつこさんのハリ治療とガチ合います。
どうにもうまい具合にははまりませんので、仕方がないですね。

コーラスの練習を早めに抜けさせてもらって、施設へ直行しました。
到着した時には、すでにリクライニング車いすに乗せてもらっていました。
相変わらず、こっくりこっくりしていましたが、そのままお部屋に運びました。

みつこさんの部屋は窓全開にして、よい風が通っていました。
しかし、良く見ると、ハエがぶんぶんしています。
そう言えば、ユニットの台所のところでも、お兄ちゃん介護士さんがハエ叩きを持って、ハエを追っかけていました。
ハエがいるなんて、何てとほほな施設なの?と思いますが、これには訳があります。
なんたって、隣が牧場なのです。どうしても虫が入ったりするようです。
殺虫剤も使う訳にはいかず、やむなくハエ叩きとなったようです。

ハリの先生が来て下さって、マッサージが始まってから、目を開いて、今日は笑顔を一杯見せてくれました。みつこさんは本物の童女に返ったようです。無垢な笑顔というところです。
mitsuko090625

ハリは無事に終わり、さて、車いすに移動させようと思いましたが、なかなかうまくいきません。
そこで、今日は見まわしても誰もいないので、ちょうど出くわした、もうひとりのお兄ちゃん介護士さんに移動を手伝って下さるようにお願いしました。
あいよっ」っと、気楽に受けて下さいましたが、久しぶりにみつこさんの拒否姿を見ました。
やっぱり、嫌なことは嫌だと言います。
大きいお兄ちゃんが抱き起そうとしたら、「止めてよ」とか、「いやっ」とか言って、振り払おうとしました。その時も私が車イスを指さして、「ここへ来て」と言ったら、「うん」と頷いたので、移動するのが嫌だったわけではありません。

先日、看護師さんが、よいしょっと持ち上げて移動させて下さった時は拒否しなかったので、やはり大きいお兄ちゃんがダメなようです。

今日は見ていた女性介護士さんが、誘導して下さった後に手を貸してくださったら、よいしょと移動できました。お兄ちゃんは今ひとつわかっていないのね。

さて、そのあと、せっかくなので、よしおさんの所へ連れて行きました。
よしおさんはちょうどおやつの最中で、みつこさんの姿を見ると喜んでくれましたが、みつこさんの反応は今一です。知らない人ではないらしいのだけど・・・嬉しくもなく・・・懐かしくもなく・・・どうも、最近そういった反応になりました。

ふと、映画「明日の記憶」のラストシーンが蘇りました。
それでも、みつこさんには、まだこの続きがあります。これでエンドマークという訳でもありません。
この先はどんな展開が待っているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking