2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

一瞬の笑顔090614
ベランダで一瞬の笑顔をとらえました

いつものように、午後のおやつの少し前に訪ねました。
すでにおやつを頂いているところで、中途半端な時間で変だなと思っていると、今日はお昼ごはんが4~5割しか食べられなかったそうです。
眠りながら、口へ運んでもらっていました。

私がユニットへ入って行くと、介護士さんがみつこさんに「ほら、娘さんよ」と左90度の方角の私を指さして教えて下さいましたが、みつこさんは横90度に目を向けることができません。それとも、介護士さんの言葉がわからないのかもしれません。
私が近付いて、「こんにちは」と声をかけても、今一つ反応がはっきりしません。私のことは記憶の彼方に仕舞われてしまったのかもしれません。

体はいつも左へ傾いています。
介護士さんと選手交代して、おやつ介助をしましたが、何とか草もちの半分くらいを口へ押し込んだ形です。飲み物はポカリでしたが、それも半分くらい飲みました。

口を閉じて、目も閉じてしまうので、食べるのは止めにして、爽やかな外の空気を吸ってみることにしました。
喫茶室から牧場に面したベランダに出ることができます。
きれいな青空の下で、ちょっとだけ爽やかな風に吹かれました。

どこへ行ってもみつこさんは直に目を閉じてしまいます。
今度訪ねる時にはガーデンアンゼリカがもう20mgアップしているはずです。
どんなみつこさんに会えるかな。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking