2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずうとうとと眠り姫のみつこさんですが、今日はすぐに目を開いてくれて、たぬき猫のにゃん吉くんを抱きしめて、なかなか良い調子でした。

リクライニング車いすに乗ったままでハリ治療を受けるのはどうだろうかと先回から試みています。
ベッド上でひっくり返って体位を変えなくてもよいので、なかなか良い感じです。
今日はずっと目を閉じていました。
目を閉じている間に、マッサージもハリも終わりました。

先回に引き続き、ハリの先生が、「終末期医療に替わって、ハリ治療が入るというのはどう思う?」と聞かれました。今、構想を練っていらっしゃるところらしいです。
老衰あるいは病気があっても、積極的治療の終わってしまった方に、医療的処置に替わってハリとか整体の一種のマッサージみたいなもので、少しでも楽に過ごせるようにだけするということらしいです。私は大賛成です。医療と併用になるかもしれないけれど、両親には最後まで東洋医学ともかかわってもらいたいと思っています。

ずっと眠り姫状態が継続しているみつこさん、ここらで、何か手だてを考えるべきなのだろうか?
1年ほど前の、具合が悪そうだと血圧が170くらいと高かった時と比べると、体調はダウン気味で、もう今は血圧が高くなり過ぎるということはないように思います。

思い切って、内科の先生にお願いして、降圧剤を止めてみる。
それとも、ガーデンアンゼリカを増やしてみる。

どちらを先に試すかと言うなら、薬を減らす方向の降圧剤を止めてみる方が先だと思うのです。
さて、施設が試してくれるだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。