2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セパレーティング・エラスティック挿入】(2009年5月20日)

セパレーティング エラスティック

今日から矯正歯科にて矯正装置をつける前準備が始まりました。

まずはお掃除。歯磨きをしてもらい、前歯の裏に歯石があったのを取ってもらうと、ほんとにつるつるの、すっきりでとっても気持ち良くなりました。

その後、次回、バンドという装置をつけるのですが、これが付けやすいように、セパレーティング・エラスティックという小さなゴムの輪を歯と歯の間にはめました。
このまま2週間置いて、歯と歯の間に小さな隙間を作ります。

私の歯は、冠をかぶせてあるものが多いため、歯と歯の間がきつくたいへん入れ難い状態です。
抜歯が済んでいる左上下と右上の3ヵ所に入れました。
それぞれ6番の歯の前後に入れます。

抜歯がまだの右下はとてもきつくて入らないので、次回抜歯後に入れることになりました。
入れる時もちょっと痛いと思いましたが、時間がたつほどに痛くなってきました。
とっても違和感もあります。歯と歯の間にゴマつぶをはさんでいるようなものです。
思わず取りそうになってしまいます。
奥歯にものがはさまった」というのは、まさにこの事で、何だか舌足らずにもなります。

固いものはとても噛める状態ではありません。2~3日で慣れるそうですが、どうだろう。
大丈夫だと思って食べた、ゼリーが思わず痛くてびっくり。ナタデココが入っていたのですが、こういう柔らかくてじとっとつぶれないものが一番痛いのかもしれない。噛み砕く検査に使ったグミみたいなものが一番痛そうです。


今日は矯正治療の契約もありましたが、やっと治療の全容が納得できてきました。

私の歯の不正咬合は一般的には口腔外科的処置の対象になるのですが、私の場合は頭骸骨と顎の骨の位置関係から、手術がたいへん難しく、ディメリットが大きいので、それは見合わせることにしました。

それで、まずは矯正だけで整えることにしました。それで綺麗になれば、それで終わり。
もしかすると、前歯が揃ってきた段階で、受け口がひどくなる場合がある。その場合には外科的処置を考えようという、そういうことであったとわかりました。

その段階までに1年ということです。入院期間は2週間ということなので、万一そうなっても、何とか対処できると思います。(トムの便秘を悪化させない方法を考えておかないといけないけど)

矯正治療期間はうまくいけば、2年。何かが予定どおりに進まないと延びることになります。
綺麗になる日を夢見て、頑張ってみます。



痛みの具合について追記します。

2009年5月20日(当日)
夕食:痛みが出てきましたが、まだはっきりどんな痛みがくるのか分からず、普通の食事を用意しました。特に固いものでなくても噛むと痛いことがわかり、ゆっくりゆっくり飲み込むように食べました。

2009年5月21日(2日目)
朝食:セパレーティングエラスティックを入れた前の歯(5番の歯)が押されて痛むことがわかりました。何かを噛むと(パンでも)ずっきーんと痛みます。口の中全体が痛みます。
バナナヨーグルトとコーヒーミルクとジュースで済ませました。

昼食:とても噛むことは無理と断念して、お粥と赤ちゃんの離乳食を食べることにしました。
その後、イブプロフェン鎮痛剤を適用量服用しました。

夕食:お昼と同じ、お粥と離乳食。薬が効いたのか、慣れてきたのか、少し楽になり、朝の残りのパンをゆっくり食べることができました。要領もわかってきたのか、親知らずのある左の一番奥に食べ物を入れると、柔らかいものなら、つぶしぎみにして食べることができます。
おなかはすくので、夜になって、コーンスープ1杯。ただしコーンの粒は痛いです。

2009年5月22日(3日目)
朝食:普通食、痛いけれど、ゆっくり食べれば大丈夫になりました。イブ服用。

昼食:ラーメン、キャベツ、焼き豚なども食べれます。痛みはあるので、ゆっくり時間をかけて食べています。パンなどしとっとしたものが痛みます。ぱりっと砕けてしまうものの方が固くても楽です。

夕食:とろろそば

2009年5月23日(4日目)
少しづつ楽になっているのかなぁとは思うのですが、まだパンを噛んでも痛いなと思います。
胃の調子が悪くなってきたので、痛み止めは中止。

2009年5月26日(7日目)
ちょうど1週間たって、どうにか痛みは感じながらも何でも食べれるようになりました。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。