2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日ですし、お昼からみつこさんを訪ねてきました。
先日母の日プレゼントに置いてきた、新しい猫のぬいぐるみ、これをとっても気に入ってくれているそうです。
今日は汗ばむ陽気になり、ユニットには冷房も入っていましたが、じっとしている住人さんには冷房はきついらしく、「足がすーすーする」とおっしゃっている方があり、慌てて冷房を止めるという一幕がありました。

やはり、こっくりこっくりと半眠り状態でしたが、目を開けば穏やかで、笑顔もありました。
mitsuko090510


家に帰ると、よしおさんが、また騒いでいました。
インターフォンで夫に「耳がどくどくする。病院へ連れてって~」と頼んだそうです。
薬があるから、ちょっと待ってて。」と言ったら、納得してくれたと言っていました。
早速、デパスを1錠持って行ってきました。
自分でしっかり血圧を測っていましたが、上が126と低めに出ていました。
耳がどくどくすると、どうかなるんじゃないかと心配なんだけど、どうもならないのなら、いい。」と言っていましたが、一応、デパスを飲ませました。それが4時頃でした。

ところが・・・6時過ぎに夕食を持って行くと、熟睡中です。
無理に起こしたら、、、、「ごはん?早いねぇ。」と言う返事です。
早くないよ。いつもより遅くなっちゃった。」と答えて、とにかく起きてもらいました。
起きると、洗面所で歯磨きを始めます。
そうか、朝とまちがえて、だから早いと思ったんだ。そうとう熟睡したようです。

しかも、食事後に立ち上がろうとして、よろけました。ふらふらです。
よしおさんは薬に敏感ですから、デパス1錠でも強いようです。
そこで、明日からは、耳がどくどくの時のとんぷくとして、グラマリールはどうかと思っています。
薬はなんでもいいので、アリナミンではばれてしまうから、グラマリールならそんなにふらつくようなことはなかろうと思いますが、どうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【】
ビオフェルミンではいかがでしょうか?
うちの父の場合ですが、どんなお薬でも腎臓に負担をかけてしまうのが怖いです。
ビオフェルミンのようなビフィズス系の整腸剤ならかえって身体にもよいし、それを飲むときにお水を沢山飲めば尚更よいと思います。
多少量を多くすることも何も問題ないし。。。
なんて…思いつきで申し訳ないです。
【*kawasemiさんへ】
ご提案ありがとうございます。
なるほど~。腎臓への負担も考慮すべきですね。
ま、そんなにしょっちゅうではないにしてもね。
よしおさんも腎機能は低下してますし、、、。

デパスは私、自分自身がストレスため込んでいた時に睡眠導入剤として長く飲み続けていました。
よしおさんはなんでもいいわけですが、やはり多少なりと興奮を静める系がよろしかろうと思っています。

kawasemiさんの柔軟な発想は勉強になります。
ありがとうございます。
【血圧は】
よしおさんの血圧の許容範囲は幾らでしょうか
私の場合上が150を超えると要注意で
追加薬が出ます。

それと「転倒・骨折」が心配ですね。
再度点検を。
滑り易い処、つっかかる処、それと手すり等

どうそ御留意を。
【*nickさんへ】
いつもご訪問ありがとうございます。
私もお邪魔しているのですが、書き込みすると、「コメントが受け付けられませんでした」と出てしまいますが、何故でしょうか。
何かいけない用語とか書いているのかしら?
-----------------------------
よしおさんの血圧は一応160まではよしとしています。
循環器の先生は動脈硬化が進んでいるので、これ以上降圧剤は増やしても意味がないとおっしゃいます。

薬に頼らず、生活の中で血圧のあがらない工夫をしていこうと思っています。

よしおさんは片足なので、義足使用ですが、これが危ないです。
しかし、家の改造などもガンとして聞き入れない部分があり、難しいのですよ。
【デパス】
 ご無沙汰しております。今年に入ってから、母の緊急入院(胆管炎)、介護パートナーの妹の体調不良、ヘルパーさんの相次ぐ交代・・・と緊迫の日々が続いてました。幸い、母は回復、年のせいや病気の進行による多少の衰えはあるものの、まぁ、元の生活に戻ることができました。(ヘルパーさんはまだ落ち着きませんが・・これも思う以上に大変な問題なんです・・・)
 で、GW開けに、車ー電車ー車で小1時間かかる私の家に5泊ステイしてもらうことに。母の独り不安解消や妹の休養もかねて計画したのです。
 母は見守りの中で、ゆっくり食事、排便もきっちり介助で気持ちよく過ごせたのですが、ひとつ大問題が発生。
 夜間のおしっこ介助です。入院時にも経験したことですが、1時間以内ごとに目を覚まし「トイレに行く」。
 ベットが低くて立ち上がりにくいため、隣に寝ている私が毎回介助・・結果、私が不眠になってしまいました。母は合間にちょこちょこ眠ります。
 たまりかねて、私のかかりつけ医に相談し処方してもらったデパス0.5を4晩目の12時半頃、母に飲ませました。すると夜2時半から朝7時半まで、一度も目覚めなかったのはよかったのですが、翌日の午前中いっぱい足元のおぼつかなさが抜けず見守りに緊張をしいられました。
 ほんとに色々ありますね、一人でおふたりを見ているパンドラさんはどんなにご苦労されているでしょう。  
 昨日、母を自宅に送り返し、私は6日ぶりに睡眠を取ることができました。

 今度はりーぜを頼んでみようかな。
 
【*みきさんへ】
お久しぶりです。
お母様も、妹さんも体調を崩されていて、たいへんご心配でしたね。お見舞い申し上げます。
でも、今はおふたりとも落ち着かれたのですね。よかった。

みきさんのお母様もデパスで足元ふらふらを経験されたのですね。
ふらついているのは、何より怖いですね。
転んで骨折、頭を打ったなど、危ない危ない。
病院から処方された時にふらつくから気をつけてと言われたのですが、自分が大丈夫だったので、大丈夫さぁーなんていい加減に思っていました。←いい加減な介護者です。

リーゼは以前飲んだことがありますが、ふらふらするなどはなかったと思います。
今度はこれで行きます。
みきさんも妹さんに教えてあげて下さい。

母は施設に入っているので、面会に行くだけで、実際の介護からは離れているので楽です。
父はまだ一応自分のことができていますけど、だんだん怪しくなってきました。
今後父が在宅で過ごす間は、私にはじわじわと負担が増える気がします。深く考えるとつらくなるので、ケセラセラにしています。
母での経験があるので、混乱するようなことにはならないと信じてます。

みきさんも妹さんと協力して、上手に乗り切ってください。

【書き込めませんか】
一応、ブログはご覧になれますか
それとも全然受け付けませんか。
後者なら悪戯をしてくるサーバーの規制を
かけてシャットアウトしています。
もしアクセスポイントが判れば教えて下さい。
一部除外します。
京都辺りから結構貼り付けるのですよ。
困ってます。
【*nickさんへ】
はい。ブログは拝見できます。
書き込みもできますが、送信すると、「書き込みを受け付けられませんでした」とエラー通知がかえってきます。

アクセスポイントとはどのように調べたらいいのでしょうか。
こちらは愛知県です。
よろしくお願いします。
【コメントが】
おはようございます。
3時前、父のオムツの交換時間に目が覚めて
おきてます。笑。

そうですか、ブログは拝見できますか。
ポストできないのは、混雑しているのか
レンタルサーバー側ですね。
もし今度ポストできないようなら
恐縮ですが暫く経ってから再度お願い致します。

コメントや掲示板に如何わしいレスを貼り付ける
輩の送信先サーバーを受付ないようにしているの
です。
だから、ある方もそのサーバーをご利用の場合
私のサイトが閲覧出来なくなる。

今回はそれは無いようですね。
私のレンタルサーバーは格安なので好く
可笑しくなる。。

時間を置いてから再度ポストお願い致します。
【*nickさんへ】
「おむつ交換の時間に目が覚めてしまう」とか、
長年の習慣ですもの、体が覚えていらっしゃるのでしょう。
忘れてしまうのも、お寂しいことでしょうけれど、
今はご自愛ください。

投稿エラーの件、了解しました。
また、挑戦してみます。
ご丁寧にお知らせ下さってありがとうございます。
【はじめまして。】
ピック病とコウノ先生つながりで検索していたところ、こちらのパンドラさんのブログにおじゃまできました!
私の母もピック病歴7年です。これからじっくりブログを拝見させて頂きますね。どうぞよろしくお願いしますv-238
【*turuさんへ】
はじめまして。
ようこそ足跡を残して下さいましてありがとうございます。
なかなか、ピック病で闘病中の方にはお目にかかれないでいましたので、とても嬉しいです。

ブログをお持ちなのですね。
私もまたお邪魔させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。
【お気に入りでよかった】
慰めのにゃんこが。。。
好かったですね。。

父の場合は、犬を。
昔飼っていた犬の名を呼ぶんですが
返事をしないから放り投げて壊れてしまった。
その犬60種類喋る物でしたが。
【*nickさんへ】
昨年の母の日のことで、この時のぬいぐるみはすでに壊れてしまって、家に帰ってきているのですよ。

お父様も話すわんこをお持ちだったのですね。
お友達がいて、よかったですね。
たたいても怒らないしね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。