2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

今日はみつこさんのハリ治療の日です。
先週は私が肩関節炎で手があがらず、車の運転が無理で、付き添うのを休んでしまいました。
先生にひとりでお願いしますと頼んでおきましたが、実は介護士さんが付き添って下さったそうです。
先生ひとりでは、みつこさんなかなか言う事を聞いてくれなくて、先生も困ってしまわれます。

その時の話を介護士のMさんがしてくれました。
「『今日はね、娘さんが都合で来れないから、私が付き添います。』と話したら、来れないの?と言って、目からほろりと涙があふれました。

突然こんな話を聞いてしまうと・・・
やっぱり、週3回通わなくちゃ・・なんて思います。

みつこさんが、今の記憶はすべて、どこかへ飛んでいってしまっているように見えて、実は脳のどこか奥の方に大事に仕舞われているだけだということは、時々感じさせられます。

今日もハリ治療を終えて、一眠りした後、もそもそしてきた頃あいに声をかけて、テーブルまで連れだしました。
おやつが用意されました。みつこさんの分だけなので、「みつこさんどうぞ」とすすめると、
いいの?」と聞いたあとで、「○○ちゃんは?」とさり気なく私の名前が出ました。

うっと言う感じで、短い時間に今日は2回も胸に塊が飛んできました。
みつこさんが潜在意識の中で家族のことを忘れていないように、私もみつこさんを施設に連れて来た時の初心を忘れないようにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさん、こんばんは。
肩の関節炎のおかげんはいかがでしょうか。
私も、四十肩で腕が上らなくなってそろそろ一年が経ちますが、未だに痛いです。
パンドラさんもどうぞご自愛下さいませ。

さて、みつこさんのお話に、今度は私の涙腺が崩壊しました(T^T)
【*kuririnさんへ】
おはようございます。
お忙しい中をご訪問ありがとうございます。
kuririnさんは四十肩、私は五十肩です。
厳密には五十肩とは違うそうですが、症状は同じです。
腕の支点を動かせないというのは不便この上ないものですね。
おかげさまで、随分よくなりました。

みつこさんの話に涙して下さって、お優しい。
ありがとうございます。
いつも、どんな状態の人でも、何もかも忘れているわけではないと思いました。
今を大切にしようと思います。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking