2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

よしおさんは今日もまだ「耳がどくどくする」と言っています。
仕方ないです。何も根本的解決はしてないのですから。

どうやら、やはり真相は、動脈硬化が進んで血管が固く、降圧剤を飲んでも効果がでず、微妙に血圧が上昇していて、拍動が音の聞こえない耳に響くということのようです。

今朝も朝食時に血圧ノートを持ってきて、説明を始めました。
耳でどくどくして気持ちが悪いし、恐ろしい。これは血圧に違いないと思うから、血圧を測ってみた。
3回測ったそうですが、最初は167、2回目、3回目は150台でした。
私は血圧の薬を飲んでいるのかね?」と、また聞きます。
この前、病院でもらった薬はまだあるのか?」と聞きます。

今朝は、その時には、どくどくは治まっていたようなので、デパスは飲ませませんでした。
電気毛布をかなり高温にして入れているので、赤い顔をして、胸もどきどきすることでしょう。
気がつくと低温にするのですが、自分でまた高温に戻していることは多いので、それも原因のひとつかもしれません。今日のように雨で肌寒い日は特にその傾向があるかもしれません。

そういうことは何度説明しても、さっぱり頭に入りません。
よしおさんの頭に残ることは、自分の思い込みだけです。

今朝は朝の循環器の薬があるので、それを説明して飲んでもらって、その場は納得してもらいました。
それから、水分摂取が必要なことを説明して、お茶を飲むように勧めました。
水分はほとんど摂らないので、これから夏場にかけては注意が必要です。
そうかね。」と言いながら、その場は一口飲んでくれるので、繰り返し勧めるしかないでしょう。

グラマリールは今日も1/2錠飲んでいますが、それもちょっと違うような気がするし、どうしたものかと思います。
・耳のどくどくは止めることはできないので、それが起きたからといって、大丈夫だという事をアピールすることの方が大事だと思います。
・それから、血圧が高いのはお布団が熱すぎるからかもしれないよと説明してみる。
・パニック状態になってしまったら、デパスを飲ませる。
まずはそんなことをしてみようと思います。



今日は買い物に出かけて、スーパーで、みつこさんへの母の日プレゼントに最適品を見つけました。
これ、きっと喜んでくれると思うわ。

母の日
関連記事
スポンサーサイト

【】
初めてコメントさせていただきます。
私の父(87歳)も動脈硬化、狭心症、高血圧症その他の循環器疾病オンパレードなのですが、一昨年の暮れに、同じようなことをいいました。
『頭の中で太鼓がドーンドーンと鳴る』と言いました。
その頃は、狭心症と高血圧と同時に発作を起こし、緊急入院を繰り返しておりました。
入院では主に血圧を下げるのと狭心症の発作止めの静脈点滴をして落ち着き退院しましたが、耳の拍動音はそれ以来言い出しません。
当時、主治医から注意されたことは、脱水に注意することでした。
1日1リットル以上の水分補給です。
これは食事のときに摂取するものを除き、単純にお茶などで補給する水分量です。
血液が濃くなり、血管に余計な圧力がかかり、特に耳の近くではそれが聞こえるのでしょうとのことでした。
退院してからは、とにかく水分補給には特に注意を払って今日に至っています。
(それでも高血圧は相変わらずで苦しめられておりますが…)
【*kawasemiさんへ】
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
はじめまして。
お父様のご様子をコメントとして書き込み下さいまして、どうもありがとうございます。
とても参考になり、ありがたいです。
今はお父様は何とか病状をコントロールできていらっしゃるようで、何よりです。
どうぞお大事になさってください。

よしおさんこと、私の父は70代くらいから、高血圧、高脂血症で、治療を始めましたが、当時から訴えの大きい人で、頭がどーんどーんとするという訴えは何度もあり、そのたびに緊急外来やら、救急車やらと大騒動をしてきました。
実際に心筋梗塞で倒れたのは85歳の時ですが、それまでは薬を自己管理していまして、勝手に気に入らないと飲まないような状態になっていました。
心筋梗塞で半分ほどの心筋が壊死状態のまま、積極的治療はできていないのですが、心不全にもならず良い状態で保てています。
降圧剤、抗血栓薬など、万全の薬は入れていますので、まずは心配ない状態なのですが、少しづつ血圧上昇はやむをえないかもしれないと言われたところなのです。

さらに認知症があって、本人の理解が得られず、不安感ばかりが募っているということで、対応に頭を痛めています。

水分補給のことなど、良い情報をありがとうございます。
また、お気づきの点がありましたら、ぜひお教えください。
お父様もどうぞお大事になさってください。
【血圧の影響ですね】
私も同じ症状に幾度もなりましたよ。
また毎日雨降り状態でした。

最近は150以内で治まっているので在りませんが
疲れるとたまに耳鳴り状態が。。

そうそう「脱水」は高齢者には大敵ですね。
それを全然無視する病院もあるから呆れますが。
父の場合はそれで在宅介護が難しくなった。
大事ですね。
【*nickさんへ】
皆さんのお話を伺っていると、やはり、病気の前兆としての血圧上昇を本人が感知しているわけだから、何か対策を講じなくてはいけないのだということも、思います。

水分不足は、点滴をしてしまえばそれまでですが、そうなる以前にこれも対策が必要なんですね。
しかし、飲みたくない人に飲ませるのも、大変です。

nickさんもお父様で経験されたんですね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking