2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【抜歯1本目】2009年4月27日

いよいよ矯正治療前段階が始まりました。

小臼歯4本抜歯と虫歯治療ということで、紹介元の歯科医院へ戻りました。
虫歯1本は大臼歯で、自己申告なのです。

矯正歯科からは、この歯が治療できれば良いけれど、状態が悪くて治療できない場合には抜歯をして、そのかわり、その列の小臼歯は残すようにと言われてきました。
しかし、歯科医院の先生は、大臼歯は抜歯しない方が良いのではないか、仮に抜歯せざるを得ない状態ならば、インプラントを入れて治療し、抜くのは予定通りの小臼歯の方がバランスがとれるのではないかというご意見でした。

今日、自己申告の虫歯だけのレントゲンを撮りましたが、レントゲン上は虫歯の感じもしない、こんこんと歯をたたいてみても、その歯ではなくて、隣の治療したばかりの歯の方が痛むという状態。
でも、確かにピーナッツなど固いものを噛むと痛むのは事実。
そこで、その歯は最後に抜歯か、治療かを選択することにして、今日は反対側から抜歯していくことになりました。

左下の小臼歯、前中央から4番目です。
4本のうち2本は治療済みの歯ですが、今日のを含む2本は貴重な健康な歯です。
一抹の歯に申し訳ない気持ちがおきましたが、他の歯を生かすための生贄と思ってもらいましょう。

麻酔の注射をして、待つこと5分。
目隠しをして抜歯が始まりました。
歯をぐわぐわと揺すっている感じがして、ほどなく、ぐいっと引っこ抜かれる感覚がして、終わり。
血止めのガーゼを噛んだまま、お帰りくださいということで、あっけなく終わりました。
抜髄より、はるかに楽です。

緊張した?」と問われて、
もちろん、緊張しました。」と答えると、
肩でわかったよ。」と、おっしゃっていました。ガチガチだったのでしょう。今夜は肩こりかも。

これが午前中だったのですが、出血はなかなか止まらず、頂いてきた滅菌ガーゼはほとんど使い果たしてしまいました。
麻酔が切れたのも、午後の3時くらいですから、数時間効いていました。
夜になって、ダラダラ出血も何とか止まったようです。

これを後3回繰り返して、やっと、準備が整うということです。
美しくなるのも、たいへんだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

【】
パンドラさん、お久しぶりです。
ちょっと休みをとっているので、余裕ができて書き込みしています。
やっぱり休養って大切ですね。
今日は整体に行って、昼寝もしたのですっきりです。
それから、こまったちゃんの施設責任者の件を地域包括に相談したのも気分的にいいのかも。
相談したからって、すぐに何かしてくれるわけでもないのですが、聞いてもらってすっきりしました。

歯のこと、大変ですね。
私は1年前、介護施設選びやらなんやらで疲れがたまり、フィステルという状態になってしまいました。
歯根の膿が歯茎から飛び出しておできみたいになるんです。
近隣の歯科医だと抜歯になるので、専門医まで2時間半かけて通ってました。
やっと先月治療がおわりました。
軽自動車が1台買えるくらいかかりましたが、さすが専門医綺麗に歯根が再生して治りました。
過去の治療で歯の間がきつくなりかみ合わせがわるくなったのが原因です。
かみ合わせって大事なんですね。
パンドラさんもまだまだ大変でしょうが、頑張ってくださいね。



【*カモミールさんへ】
お久しぶりです。
お母様も落ち着かれたようで良かったです。
カモミールさんも休養がとれて、リフレッシュできましたか。
自分のための時間も大切ですよね。

歯の治療もされていたのですね。
2時間半かけての治療はたいへんだったことでしょう。
でも、きれいに治って、ほんとに良かったですね。
最初の治療が大切ですよね。
私も奥歯総治療済みなんですが、治療の段階で、前歯がかみ合わなくなっていきました。
ほぼ諦めていたのですが、治療に手をつけられて、良かったと思っています。これから年の単位がかかりますけど、がんばります。
カモミールさんの歯科治療のこと、教えて下さってありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。