2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

【診断】(2009年4月20日)

矯正歯科の検査結果を聞いてきました。

院長先生が開口一番におっしゃったことが、「悩ましいことになりました」というお言葉でした。
受け口というのは、口腔外科的処置の対象となるのですが、私の場合には上下の顎の骨を操作する必要があるそうです。
しかも、頭蓋骨からのバランスで考えると、上下の顎の骨とも、後方へ引っ込める必要があるそうです。そうすると、ディメリットとして、大臼歯の噛み合わせをどこを起点にするのかが決められない。
上下の引っ込める幅が同じではなく、かつ、歯の幅とも合わないため、噛み合わせが決まらないということになるのでしょうか。
もうひとつのディメリットは顎の骨を後ろに引くと、鼻腔を少なからず塞ぐ形になり、これは無呼吸症候群を引き起こしかねないのだそうです。
ということで、この方法はあまりお勧めできないということになりました。

ここまでに、検査結果の説明もあり、ここまできて、意気込んで来ただけに、がっくりしてしまいました。
要するに受け口については、骨格は直せないということです。

前歯のがたがたは小臼歯4本抜歯して、並べ直して比較的早くにきれいになるそうです。

さて、手術の方法は無いわけではなく、前歯のあたりだけの骨の角度をずらすことで、前の歯の噛み合わせを治す。
顔が長いので、おとがい(顎先)を少し切り落として上にあげ、さらに後ろにずらすことで、顎先が小さく後ろに行って、見た目で受け口でなく見えるようにできるということでした。この方法のどこかの段階で骨移植が必要ということでした。

ここまで、説明が来た時には、やーめたと思っていましたので、詳しくお話を聞くことをしませんでしたが、手術日数がどのくらいかかるのか、骨移植というのがどういうふうにするものなのか、次回に確認してみたいと思います。

で、この方法で進めますと即断できずにいると、逆に何を治したいと思っているのか、何を優先したいと思っているのかと質問され、噛み合わせ、歯列矯正、自分の歯で最後まで食べていけるようにということを望んでいる、見た目のことは優先順位としては最後になると答えることで、自ずと方法が決まってしまいました。

まずは、歯列矯正をして、正しい噛み合わせをとりもどすことにしました。だいたい歯列が揃ってくる頃(半年後くらい)に、手術については考えなおすことは可能だそうです。

<検査結果の追記です。>
・唾液検査の結果、虫歯を引き起こす細菌のうち、1種が非常に多いことがわかりました。
私の虫歯の多さは、体質だったというわけです。よほど心して歯磨きをしていないと虫歯になりますと言われました。
・噛む力が左右で極端な差があり、ほとんど右では噛んでいないことがわかりました。

<歯列矯正で期待できないこと>・前歯が揃って、まっすぐになってくると、歯の根元に3角形の隙間が目立ってくる。これは歯茎が加齢で痩せているため。どうしようもないそうです。たぶん笑っても見えないとは思うのですが。
・歯を抜いて、並べ直すので、歯と歯の間に隙間ができる。子供だと骨ができてきて、隙間は埋まってしまうのだけど、それは大人だと難しい。すきっ歯になるってことらしい。
・私の場合は奥歯6本くらいが神経を取ってあるため、尚動きにくいらしい。

検査結果から、矯正のし易さ、ステージVIIということで、(I-X)お値段が決まりました。手術をしないという方法を選んでいるので、実費になります。後で手術を選んでも、実費は戻りません。
値段で方法を決めるわけではないので、仕方がないなと思います。

矯正歯科は今後月1回の割で通院して行きます。

それと並行して、紹介元歯科医院で、虫歯治療と抜歯を始めます。
来週の月曜日27日に予約しました。
いよいよ矯正治療のスタートです。
関連記事
スポンサーサイト

【ご無沙汰しました】
コメントを見て、自分と同じインプラント治療をされるのかと思っていたのですが、今、いきさつなどを読ませていただきびっくりしました・・どういうことかが具体的にイメージできない私の頭では(笑)なんだかすごいことだぞ・・と。実は・・以前にも、歯科治療での骨の移植について聞かれたことがあるのですが、うまくお返事できず、そのうちちゃんと記憶を整理して残しておこうかと思ったくらい(笑)パンドラさんからコメントをいただき、自分の記録としても残そうか・・と、今回は本気で考えました。とりあえず簡単に説明すると、私の場合、インプラントを入れるために必要な奥歯の土台の骨が細く、2本のうち1本が骨を貫通して失敗。1年後、このままでは骨が足りないと別の医者に移植をすすめられ、すでに1本は土台が入っていたので、無駄にすることもできず手術を受けました。あごの先から骨を削り、奥歯の骨の横の部分に移植したのです。日帰り手術でしたが、その後は大変で・・何度後悔したか(笑)生まれて初めて手術台に乗ったのが、奥歯を入れ歯にしないためだけの骨移植だったことで、安易に考えていた自分が情けない・・と思うほど。今なら決して選ばないかな・・。パンドラさんとは事情が違うので何とも言えませんが、普段受けている歯の治療とは比較できないほどダメージは大きかったです。骨は再生するので、必要な分をとってもすぐ戻るし大丈夫といわれたあごの先にも、何年もしびれが残りましたし・・。術後、初めて口の中を見た時にはショックで呆然としました(笑)なんだか脅かしてしまうだけみたいで・・ごめんなさい。今は、入れ歯のお世話にならずにここまでこれたことを感謝していますし、私にはこれが運命だったのだと思っていますが・・
書けば書くほど、やめろと言ってるみたいで・・どうしよう(笑)そういうつもりではないのですが・・ごめんなさいね。
【*miyuさんへ】
わざわざお越し下さってありがとうございます。

骨移植というのは、やはり自分の骨をあっちからこっちへ持っていくということなんですね。
そうすると、あっちとこっちと2ヵ所切ることになるのでしょうか。
口の中に大きな傷ひとつなのでしょうか。
でも、miyuさん、日帰り手術とは、さぞかしおうちで大変な目に合われたこととお察しします。

インプラントはきれいに入って、2本のインプラント治療をされているのですね。
骨の厚さが足りないというのは、事前にはレントゲンでわからないのでしょうか。

私の場合は顎の骨格を矯正しようというものなのですが、正当な方法はディメリットが大きいということで断念しました。別アプローチで、骨移植という言葉が出てきたので、即断できずに、一応断念ということにしてあります。
あとからでもできるということなので、その時にもう一度考えようと思って、それまでに、骨移植のことなど聞いてみたいなと思いました。

miyuさんのご経験もまとめて頂けると、とてもありがたいです。
今日はどうもありがとうございました。
【続き】
またまたご無沙汰です(笑)
手術の方法ですが、終わって口の中を見るまで、一体どうやって骨をとり、どうやってくっつけるのかを想像すらしなかった自分にあきれました(笑)モモのこともそうですが、何かが起こるまで、私は本当にのんきな性格のようです。初めて口の中を見たとき、下の歯の歯茎、右奥から左奥までU字型に全部縫った跡がありました。下の歯茎全部を切り開いて、下あごの皮膚をべろんとめくってむき出し、あご先から骨を削り、そのままあごの奥にくっつけたのではないかと・・その状態を想像するのも怖いですが(笑)その傷跡がガタガタで、縫い合わせた下唇の中央の正中線が微妙にずれていることにショックを受けました(笑)1番に思ったのが、もし身元不明の死体になったら、この口の中の傷を見て「被害者は整形手術をうけたと思われる」なんて報道されたら嫌だわ・・と。たかが歯のためにこんな傷になるなら、本当に美容整形でも受けるほうがいいじゃないって・・(笑)私が最初にインプラントした時の医者はおばあちゃんで、レントゲンを見て「これなら大丈夫」と言ったのです。でも1本失敗・・穴のあいた骨が再生するまで1年待って2度目のチャレンジの時は、その先生はもういませんでした、多分クビになったのでは?色々あって、結局奥歯2本のインプラントが出来上がるまでに3年以上かかりました。入れたり抜いたり、削ったりくっつけたり・・(笑)記憶があいまいになるほど長い治療期間とゴタゴタで・・始めた時には生きてた両親が、終わった時には二人とも故人だったということからも(笑)私にとっては激動の時代だったのでしょう(笑)デジカメ時代だったら記録写真を残したかったかも・・
【*miyuさんへ】
miyuさん、再びご登場頂いてありがとうございます。
総合病院の口腔外科でインプラント治療もされたということでしょうか。最初の判断ミスをされた先生のおかげでとんだ目に合われたわけですね。まだインプラントもそんなに一般的でない頃だったのではないかと思いますが、思い切りよく決心されたのですね。

私は今回、骨格から直す歯科矯正をするつもりでいたのですが、骨格を触るのは正当な方法ではディメリットが多いことがわかり断念しました。
別アプローチでの手術については、今は保留にして、まずは矯正を進めることにしました。
奥歯が全滅状態なので、これで今後悪くなると、インプラントになると思います。矯正で奥歯にかかる圧を減らすことができれば、このままで一生いけるか、あるいはインプラントにするにしても本数を減らせるのではと思います。

まだまだ、お尋ねしたいことはあるのですが・・・
術後の痛みはどうか?とか、
移植した骨はしっかり着くの?とか、

また、機会があれば、よろしくお願いします。
質問ばかりで、ごめんなさい。
【続き】
病院ですが、高校生の時に通っていた歯医者に数十年ぶりに行ったら、とても治療の上手な先生にめぐり合い、この際1から悪い所を全部治そうと決意したのですが、インプラントをすすめられたものの、それについては口腔外科の専門ということで、専門外来で月に何度か来ている先生にやってもらうことになったのですね。失敗から1年後には新しい外科の先生に代わっていて、インプラントはそこでするけど、移植は無理ですから、その先生は口腔外科のある総合病院にも籍を置いていたので、移植手術はそちらで受けました。全身の検査などを1からまたやりましたよ(笑)術後の痛みは・・ひどかったと思いますが、それよりもしばらくの間、口の中に詰め物やらおたふくかぜのような圧迫が必要で、その姿と不自由さにショックが大きかったような・・(笑)その姿でタクシーに乗って、毎日消毒に通うのもユーウツでしたね。骨はちゃんとくっついたみたいですが、移植した側の奥の歯茎はあきらかにふくらんでいます。そして、半年ごとの検診で言われたのですが、無意識に歯を食いしばるクセがあるので、土台の骨が減ってきていると・・。もちろんインプラントが一生ものではないと覚悟はしていますが、10年くらいでダメになるなんて、このために払った犠牲を考えると許せないです(笑)私は中学生で奥歯2本抜いたくらいの虫歯体質で(笑)高校生で前歯2本差し歯、妊娠中に親知らずが悪化するなど、パンドラさんに負けないくらい歯では苦労してます(笑)多分半分以上の歯が治療済みかと・・。頑張って下さいね、私でわかることなら何でも聞いてください(笑)話が長くて的外れ・・かもしれませんが・・
【*miyuさんへ】
miyuさん、本当に詳しくお話下さってありがとうございます。
このお話、ぜひ記録として残しておいてくださいね。
絶対に参考になると思われる方は多いと思います。
でも、よく頑張られましたねぇ~。

miyuさんの歯のたいへんさは私をずっと上回るようです。
私は中学生で抜髄を初体験しましたが、抜歯するほどの虫歯は親知らず以外はありません。
親知らずの抜歯も、虫歯になったのが親知らずであったため、治療するより抜きましょうと抜きました。でも、これもあまり良いことではないらしいですね。

今、矯正を始めたのは、抜髄から抜歯、そして入歯へと移行するのを踏みとどまるためです。
たとえば今前歯がごてごて状態なのですが、もし、この1本が抜けたとしたら、ではこの状態で、どうやってインプラントを入れるの?ということなのです。
ごてごてのままで入歯にするわけにもいきませんよね。

決心するのがあまりにも遅いですが、でも思い立ったが吉日と、頑張って踏み出しました。
また、教えて下さいね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking