2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

今日はデイサービスから遠足に行く事になっていました。
デイサービスに行っても、休養と称してほとんど終日寝ているよしおさんですから、無理無理と、はなから諦めて、デイに残って休憩させて頂くつもりでいました。

朝、起こしに行くと、すでに起きていましたが、なにやら、下を向いて考え事をしています。
パ「どうしたの?」と聞くと、
よ「あのなー、Nさんが(夫のこと)、下水工事で浄化槽を埋めるとか言っとったでしょう?あれを止めてもらえんかね。」と、また始まりました。
よ「あっちは、方角が悪いから、だから私の頭が痛くなるんだ。

ふぅーーーん、そういうことだったのね。

下水のことが気になって気になって、とうとう頭に血が上ってしまったということらしいです。

もう一度、下水道工事のあらましを一から説明して、もう申請が出してあること、夏までには工事をすることになること、見積もりも出て、値段もはっきりしていることなどを逐一説明しました。

また、繰り返し聞くことでしょうけれど、一応納得しました。
今回は、私も怒らないように、しかし、毅然と対応しました。
もう、以前の我が家に君臨していた、よしお大王に戻してはなりません。
そして、まわらない頭で何もくよくよ心配しなくても、娘夫婦がきちんとやって行きますから、安心して任せて下さいと重ねて説得しました。

そうすると、以前の怒りん坊のようにはならず、「そうかね、頼みます。」と、静かに下がってくれました。

頭の方はどうなの?と聞いてみると、「あんたが、病院へ連れて行ってくれて、薬をもらってくれたから、大事にならずに済んだ。」というふうに理解していました。
やはり、ニトロをもらって飲んだと思っているようです。

そこで、「今日はデイから遠足だけど、どうします? デイで休ませてもらっていてもいいよ。」と言うと、「行くかどうするか、デイで相談するわ。」と、なかなか前向きでした。

お迎えに来て下さった、デイの主任さんも、「めったにある機会じゃないから、車いす対応しますし、出かける方向で話してみます。」と耳打ちしてくれました。

夕方には・・・・「楽しかった!」と、帰ってきたのでした。
今日は一日寝こなし(寝ていないの意)なので、今夜はぐっすり眠れそうです。
関連記事
スポンサーサイト

【ほっ!と一息】
パニックの原因がわかってよかったですね。ディも楽しんでこられたようだし…。ひとまず安泰です。
母も「気になると、いてもたってもいらなくなる!」とよく言います。
客観視や冷静な判断ができなくなっているのですね。認知症の頭の中はいったいどうなっているんでしょう?

【】
うむうむ、気になると、それしか考えられないというのは、脳神経に異変の起こっている人の特徴かもしれないなあ。
うちの場合は、爺様の「ワシに任せておけ!」という決め台詞があります。今は、これで一発解消できるようになっていますが、3年前には、こうはいかなかったですねえ。
【*ちゃーさんへ】
「よしおさんの拘り」と言っているのですが、一つのことに拘りだすと、止まる所を知りません。
何だかそれで、かーーっと興奮したような気がします。
理由がわかり、解明の糸口ができました。

認知症の頭の中も、何だか複雑(?)そうですね。
【*きじとらさんへ】
お父様の「わしに任せておけ!」って心強いですねぇ。

先日、母の施設でも聞きましたよ。
レビーと思しき住人さんが、「困ったな、困ったな、どうしよう。どうしたらいいのかわからない。」とか、いつも独特の節回しでしゃべっているの。
そしたら、介護士さんがすかさず、「私にお任せ下さい。」と言って、手をとっていたの。

私も、胸をはって、「お任せください。」と言えるようにならなくちゃ。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking