2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

先回の最初の受診日から、毎日毎日「今度は何をするんだった?」と聞いていた、2度目の受診日がやってきました。
今日は先生に内緒のお手紙を持参しました。

やっぱり、自分で納得しないことには一歩も前に進めないという拘りは依然として続いています。
今朝も、「今日は歯医者で何をするんだった?」と聞きます。
何回言っても忘れるから、教えてあげない。」と答えると、
教えてちょっ」と言うので、渋々答えることになりました。
私もいい加減に紙に大きく書いて、冷蔵庫にでも貼っておけばいいものを、ずるしているのでこういうことになります。

実際に歯医者さんに行く時になっても、まだ同じことを聞いています。
車に乗ってもまだ聞いています。
歯医者さんの扉を開けたところで、「こんにちは!」と迎えられても、まだ聞いています。
診察室に呼ばれて、診察台に腰かけたら、やっと質問が「どの歯を治すんだね?」に変わりました。
そこで、「今、先生が教えて下さるからね。」と答えました。

先生には受付の時にお手紙を忍ばせました。
認知症で、すぐに忘れてしまうのですが、とっても拘っています。先生から直接本人に、どの歯を、どのように治療するのか説明してください。」としたためました。

先生はそのメモを読んで下さっていて、よしおさんに手鏡をもたせて、ご自身は歯科用の小さい鏡を使って、よしおさんに説明して下さっていました。
私は治療中も、よしおさんの横についています。先生はよしおさんが耳が遠いこともわかっているので、普通の声で、私に向って、「これでいい? これでも、また今度の時にも最初から説明したらいいんだね。忘れちゃうものね。」とおっしゃいました。

今日は虫歯になっていた歯をちょっとだけ削って、埋めることになりました。
今日は削っただけで、型取りをして、仮のフタをしました。
歯科助手さんが、「仮のフタなので、取れやすいですから、歯ブラシを強く当てないでください。」とおっしゃると、
よしおさんは「歯磨きは止めておけばいいですね。」と答えています。
恐らく、「取れやすい」と言われたことを、曲解していると思います。
それから、15分くらいは物を食べないようにと言われたら、「昼ご飯は抜きにすればいいですか。」と答えていました。
まあまあ、こんなことは、笑って吹き飛ばせる程度のことです。
何しろ、歯医者さんまで出向いて、治療を受けているのですから、それだけで十分と言えば十分です。

家に帰ってからは質問が次の展開を見せました。
次は何時行くのか?」に変わりました。
何月、何日と答えれば、「今日は何月何日?」と聞かれます。起点がないので、いつのことなのかわからない訳です。
カレンダーには記入してあるのですが、来月になるので、そこまで目がいき届かないようです。

しばらくは、質問が歯のことに集中することでしょう~。
関連記事
スポンサーサイト

【】
よしおさんの受け答え…
さすが~!用心深さがでてますね。
用心することに越したことはない…けど。
歯科治療を受けるだけでも、たいしたことだから、やっぱりプラス点だね!
【*ちゃーさんへ】
考えてみれば、2つのプラス点があります。
ひとつは、家を留守にして外出できること。
ひとつは、歯科受診できること。

今ではそれが当たり前になっているけれど、
これはよしおさんにとって、一時は決して
当たり前じゃなかったのですものね。

大拍手です。
何回聞かれても嫌な顔しないようにしなくちゃね。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking